【新潟・携帯電話・激安のピーズ】ウェブサイトはこちらから

2006年09月19日

送迎!

9月17日(日)

次男が所属している中学校の男子バレー部が長岡での合同練習に参加することになり、保護者たちで乗りあわせで部員を送迎することになった。

以前から大会や練習での遠征送迎は保護者で持ち回り、と決まっており今回は連絡を受けた時から
「そろそろ行かないと!」
と感じ承諾した。

集合時間に合わせて学校に向かい、各自が車に便乗する。
我が家の車は8人乗りなので、私と次男とで後6人が乗り合わせることになった。

荷物を積み込み、いざ出発!
5分・10分と車を走らせるが、何故か車中は無言・・・
助手席の次男に
「おい、後ろのみんなは同じ1年生だろ?」
「そうだよ」
「じゃあ仲間だよな?それにしては誰も話もしないで、まるで今日はじめて逢ったみたいだな・・・」

約1時間で目的地に到着したのだが、その間に耳にした会話は
ヒソヒソ話が2言・3言。
「最近の子供は何か違うのかな?」
まあとりあえず送る義務は無事に果たせたのだし、深く考えないでおこう・・・

今日は試合でも無く練習ということで、ましてやバレーのことを良く知らない私は同じお父さんたちと相談して、一旦家に戻り夕方の迎えに合わせて今一度車を走らせる事にして一人快適に家に戻った。

遅い朝食をとりその他の用事を済ませてお昼過ぎに
「じゃあ迎えに行ってくるよ!」
「えっ!もう?早いんじゃないの?」
「うん、けど何があるかわからないし・・・」
「何があるかわからないからゴルフバッグ積んだの?着替えとタオルまで持って!」
「ははは!解る?」

4時頃を終了予定としていた練習に2時間も余裕を持って長岡に向かう私。
スムーズに長岡に着き、まずは集合場所を確認してから、周辺を眺め高い緑色のネットを探す!
幸いなことに2箇所のネットが視界に入り、近くて便のよさそうな方を選んでしばしゴルフの練習に没頭!

迎えの時間となり、朝と同じ顔ぶれの子供たちを車に乗せる!
練習が終わったからか、私とは2度目からか、車に乗り込んだ子供たちは賑やかに話をして次第にうるさい程の車中となった。

「やっぱり子供はこうでなければ!」
と心で納得しながら、子供らしい次元の会話や大人がビックリするような会話を盗み聞きしながら中学校に送り届けることができた。

「集合! お願いしまーす!」部長の号令に続き
「お願いしまーす!」
「ありがとうございました!」
「ありがとうございました!」

部員が一つになった掛け声に、当たり前を感じながらも、今時の子供たちであっても基本を忠実に守り実施している部活動に、成績はともかく同じように声を出しているわが子を見ながら部活動の有益性を感じられた1日だった。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。