【新潟・携帯電話・激安のピーズ】ウェブサイトはこちらから

2006年08月30日

ノーゲーム!

8月30日(水)

7月半ば以来の「社会人ナイターリーグ」の日!

甲子園の影響だろう
「早く野球がしたい!」
ルールも満足に知らず技術も素人の私でさえも気が逸る!

同年代の仲間たちで構成されるチームと言うこともあり、定期的に野球を通して運動不足を解消でき、試合の後は和やかに酒を飲める事も楽しみの一つでもある。

「お父さん、今日野球じゃないの?」

朝からの大雨も止み、昼過ぎに何度か軽く降ったりしていたのだが、夕方以降は雨の気配も無く晴れている。

「今日は雨で中止だって!」

昼過ぎの何度かの雨の最中に中止を決定したのだろう。

手持ち無沙汰の私は、その分を晩酌にぶつける気も無く、3男と一緒にあちこちの片づけをすることにした。
きれいに片付いた気持ちよさも手伝ってか、久しぶりに風呂に入る気になる。
シャワーは毎日浴びているが、湯船に浸かるのは久しぶり!
ちょっと長めの入浴を終え、本来なら今頃は仲間と酒宴の真っ最中なのだが、のんびりとした時間を過ごすことができた。
これも久しぶりの雨のおかげかな?

活躍の場は来月へと持ち越された!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月29日

貯めました!長いです!

8月28日(月)

ついつい?気がつけば何日もブログがほったらかし!
いかん・いかん!
さしたる理由があった訳ではないのだが、さすがに4日も5日も経ってしまうと記憶も不鮮明になってくる。

8月23日(水)
同友会燕支部の納涼会が弥彦温泉の「お宿だいろく」で行われる。
気心知れた会員さんたちと飲んでは話して・注いでは注がれの繰り返しで、2次会は近くのスナックにて、みんなの喉のお披露目となった。

ほとんどの方が泊まりで参加したのだが、私の場合は「歯軋り・いびき」がうるさい事と、朝が弱い事もあり
「皆さんを寝かしつけてから、代行で帰ります!」
と約束をして家に帰った。

タフな方々は布団に入るどころか、元気を出して暗がりへと消えていった!

とても楽しく・美味いお酒を飲んだ夜だった!

8月24日(木)

「今夜の夕食は冷蔵庫の中にあるものでいいかな?」
「何があるの?」
「野菜と肉があるくらいかな!野菜炒めでもいい?」
「だったらさー、どうせ焼くなら庭で七輪で焼いて食べようか?ちょっとしたバーベキュー感覚で!」
「いいね!いいね!」
「でも、そんなにお肉とか無いよ!」
「いいんだって!気分!気分!肉が無ければ野菜を食べるだけ!」

思いつきで庭に七輪を出し、テーブルとベンチをスタンバイ!
「あっ!炭が無い!」
「・・・・・」

「やめようか?野菜炒め作って外で食べる?」
「そんなの嫌だ!ひとっ走り行ってくる!」

小さな七輪では少ししか焼けない食材ではあるが、家族だけでの外食?には話が弾んでかえってよかったみたい!

「こんなに簡単にできるんだから、ちょくちょく外で食べようか?」
「そうね!冷蔵庫の中も片付くし!」

8月25日(金)

先日の吉田まつりでの収支報告が行われ、引き続き簡単な食事?飲み会が会館で行われた。
普段の会議では堅物を決め込んでいる長老たちも、数度に亘る顔合わせや意見のぶつけ合いで、お酒の力を借りながらも少しずつ付き合いの壁が低くなってきたようだ!
何だかんだ言っても、誰もが祭りは大好きで盛り上がることには大いに賛成している。
このままの勢いが持続できたら、来年の祭りは今年以上に盛り上がることだろう。

「忍ちゃん家来る?明日は結婚式に呼ばれていて乾杯の挨拶とかがあるから早めに切り上げる約束で、少しだけ寄って行かない?1時間くらいだよ!」

「そう?本当に1時間?だったら1時間だけですよ!」

10時頃にW家にお邪魔した私は、気がつけば深夜2時だった!
あの家で1時間はありえない!
結婚式での乾杯の挨拶は上手くいったのだろうか?

8月26日(土)

次男の13回目の誕生日!
21日は長男の17回目の誕生日!

深い意味は無いのだが週末というだけで2人のお祝いを今日とした。

年に一度の誕生日!それも2人分ということで久しぶりに豪華に外食を決め込む!

予約を入れた店まで歩いて10分を
「みんなで町内を歩くなんて久しぶりだよな!涼しくなったしたまにはいいね?」
車で移動が当たり前的な主役たちは少々億劫気味!

何が出てくるか分からないコースメニューをワクワクしながら待ち、1皿ずつ出てくる料理を
「うめぇー!さいこう!こんなの初めて!」
恥らう事無く興奮しながらガッツク主役たち!

「お父さん、まだあるの?」
2皿目を食べ終えた頃から満腹気味の女房。
「まだまだあると思うよ!少しずつ食べて子供たちに食べてもらえば」

待ってましたと箸やフォークが女房の皿を襲撃し始める。

3杯目のビールを飲み終えて
「いやーさすがに俺も腹いっぱい!マスターまだ何か出てきます?」
「あとはデザートが出ます」
「良かった!それなら食べれます!もう俺は限界です!」

「相田さんは限界でも、お子さんたちはまだいけんるんじゃ無いですか?」
「お前たち、まだ何か食べれる?」

2人は声をそろえて
「当然!何か頼んでいいの?」

コースを1人前と女房の分を食べ、更に「パスタ」を食べている姿を見ながら
「本当にお前たちはすごいね!見てるだけで○○しそう・・・」

「マスターご馳走様!今度は女房と2人で来るね!」
「ご馳走様でした!こんなに美味しいのは初めてです!」
お世辞では無く舌も腹も満足した子供たちの本音。

「タクシーで帰るの?」(子供たち)
「何いってんの!もったいないから歩いて帰るよ!」
支払い金額を知っている女房は、さすがに締めるところは締める!

道中も家でも、寝るまでメニューのおさらいと感想が耐えない我が家のお誕生会でした。

当分の外食はあきらめなさい!

8月27日(日)

毎年この時期になると羨ましく思っていたこと。
興味はあったが何故か縁がない?
執拗にせがむ事はしないがチャンスがあればと思っていた。

「相田さあ、日曜日何だけどヨネックスレディース見に行かない?チケットあまっているんだ!」
「えっ!うそ!女子プロ見れるの?俺いまだに見たこと無い!行きたいな!」
隣で聞いていた女房が
「いいよ、行ってきて!」
「うそ!本当に?じゃあいく!」

数日前から楽しみにしていた私は
「ヨネックスだからヨネックスのウエア着てった方がいいかな?テレビとかに映るかも知れないし!」
呆れる女房!

「飲み物は何本位持っていこうか?弁当とかも持っていくのかな?」
「ぜ・ん・ぶ、会場に売ってるだろうから何もいらないんじゃない?暑いだろうから帽子とタオルでいいんじゃない?」
「そうかな?売り切れてたりしないかな?何が売ってるんだろう?」
ほとんど相手にしてくれない女房!

遠足を待ちわびる子供のように、朝早くから身支度を整えかばんの中を出したり入れたり・・・
あんまり舞い上がっていたので、迎えが来たときにあわてて飛び出してライターを忘れた事に車中で気づく。が途中のコンビニでももったいなくてライターを買えない私!

駐車場から臨時バスに乗って会場につくと、普段は落ち着いた雰囲気のゴルフ場がお祭り会場のように賑わっていた。

連れられるままに各コースを廻っては
「あっ○○だ!本物だ!」
「テレビと同じフォームで打つね!」
ゴルフ観戦デビューの私は興奮のしっぱなし。

しばらく各選手のプレイを見て廻ると
「あーなんだか自分でもしたくなるね?今行ったらベストスコアが出そうな気分!」
「そうなんだ、こういうの見ると簡単そうに感じるよね!俺は毎年見てるけど同じ思いだよ!」
「けど、その割には上達しないよね!」
「・・・・・」

心配していた身支度は、何でもありで心配無用!
飲み物に関しては、まさかビール飲みながら観戦できるとは知らず得した気分でビールを空け、途中で買ってきたスポーツドリンクは結局家に帰ってから飲んだ始末!
売店にはお祭りのように何でも売っている!

しいて言えば、あんなに暑くて汗をかくとは思わなかったので、終始Tシャツがビショビショだったので今度機会があったら着替えが必要かな。

「大山志保」の独走優勝かな?と思っていたが14番ホールで韓国選手に並ばれ、その後の15番・16番は同スコアのまま17番のグリーンで大山がパー・相手がボギーで1打差が付き最終ホールとなった。

最終ホールは韓国のイ選手が4オン2パットで5アンダー、大山は2オン2パットのバーディーで8アンダーで今季5勝目となった。

不動・宮里・横峰がいないのは残念だったが、生女子プロのプレイを見れたことは、間違いなく今後の私のスコアに良い影響をもたらすことと確信して乾かぬTシャツのまま会場を後にした。

家に戻るとちょうどテレビ中継が始まっていて
「ただいま!」
「あっ、おかえり!今お父さんみたいな人が映ってたよ!」
「そうか!15番のティーショットだろ?きっと俺だよ!そこにいたから」

その後、認識不可能な位に小さな後姿や歩き方で分かるだけの私を何度か自宅のテレビで見届け、大山の勝利と並ぶほどに盛り上がっていた。

Kさん!ありがとう!また誘ってね!それと早めに勝負しようね!


posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月24日

無駄使い?節約?

8月22日(火)

いつものように夜中までパソコンをカチカチしながら目の前の画面が見づらく感じた頃、
「もう寝る時間かな?」
後片付けをして最後にエアコンのスイッチを切って部屋を出る。

シャワーを浴び布団に入ってしばらくして、ふと気になることが・・・
「パソコンの部屋の隣の部屋の戸は閉まっていたかな?」

気になって眠れないのは困るので、元気を出して部屋に行ってみる。
ふすまを開けると
「ん?ん?何かいやに部屋が冷えてるな!」
電気を点けてみると、エアコンが元気に部屋を冷やしている。

「誰だ!誰がつけたんだろう?」
と思った瞬間に気が付く!

2間続きの和室はふすまでさえぎられている。
ふすまの上にガラスが入った欄間がある。
それぞれの部屋に同型のエアコンが付いていて、パソコンの部屋のエアコンをつけたときに隣の部屋のエアコンにもリモコンが届いたようで、その時一緒に作動したようだ。

延々と何時間も私を快適にしていてくれたエアコンは、隣の部屋でも延々と無意味に回って冷やしていたことになる。

部屋の寒さとは別にゾッとしながら、あわてて戸を閉める前にエアコンを切る。

戸の心配をしなければ、この部屋のエアコンは間違いなく町内を冷やすために一生懸命に気が付くまで回り続けていたことだろう。

何時間かは損をしたのは事実ではあるが、その後の何時間を無意味に費やすことが無かったことが、せめてもの救いと思うようにして
「今日だけでも節約をしよう!」
と思うことにして、寝室のエアコンを切って寝ることにした。

さすがに目覚める(暑さで)とオレンジ色のTシャツはビショビショになっていたが、気持ち悪いはずの体より、なぜか心地よい精神が勝っていた。

リモコンの光?は目に見えないので、くれぐれも注意しましょう!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月22日

我が家の革命!

8月21日(月)

数日前の深夜、通販番組で「洗○革命」なる商品を紹介していた。

どれも一緒だろ!の感覚で買うつもりも無く見ていたのだが、
「今まで落ちにくかったコレが、ほら、漬けるだけで!」
「諦めていたアレの汚れも、ほら!この通り!」
「それだけじゃありません!こんな物もあんな物も、こんなのだって使えるんですよ!それに薄めてボトルに入れたら2000本分もあり、1本の価格は僅か4円!」

深夜のベットの中で思わず興奮気味!
「コレは凄いんじゃないかな!試してみる価値はあるな!忘れるといけないから携帯にメモして!洗○革命と」

後日、食事中に思い出した私は、みんなにその凄さを話して聞かせる。
「また〜、お父さんはすぐ信じるんだから!」
「そうだよ!そんなのありえない!」

「そう言うと思ったけど、本当に良いみたいだよ。アレは凄いよ」

何でもテレビで見ては影響を受け信じてしまい、高額な商品以外は買って見たりするのだが、結局は予想外の商品ばかりで家族からもまた始まったくらいにしか思われていない。

それから数日後、深夜ではなく昼過ぎのテレビで例の商品を宣伝しているではないか、ましてや家族も全員いる時に。
早速みんなをテレビの前に集め、私の言葉では無く本物を見てもらうことにした。

最初のうちは半信半疑の家族たちも、次はコレ次はアレと進むうちに宣伝に夢中になり初めている。

「これ、もしかするといいんじゃない?」
「俺もアレで使おうかな!」

「だろ、よさそうだろ?だから言ったじゃないか!コレは凄いんだって!試しに1つ買ってみるか?」

本当にそれだけの効果があるかに自信の無い女房や子供たちは
「そうだね、買おう!」
とは言わないが
「いらない!止めとけば!」
とも言わない。

早速、自己判断で注文し今日の夕方に届いた!
みんなが帰ってくるのを待ち、テーブルの上にドン!
「ほら、コレが例の洗○革命だぞ!薄めて使って2000本だぞ!1本4円だぞ!」

臭い消し用に「超薄め」とキッチン用に「普通」(4円?)を作り、各自があちこちに吹きかけてみる。

「どう?革命おきた?」
「まだみたい・・・」

「そっちは?」
「心なしか臭いがしないような気がする!」
「どれどれ!そうだな!臭わないな!」

「お父さん!こっちの換気扇は革命がおきてるよ!」
「お〜!凄いな流れているぞ!茶色いぞ!4円だぞ〜!」

本来なら洗剤といえば主婦のアイテムであり、男が関心を示す物ではないのだろうが、娯楽用品の少ない我が家では、たかが洗剤一つでもみんなで取り合いながらシュッ・シュッと楽しんでいる。

「よし、今日は気合入れてレンジを全部漬けるぞ!」
期待できそうな雰囲気に、気合の入った女房は早速ガスレンジのパーツを取り外しシンクに浸しはじめていた。

「明日はアレとアレを試してみよう!」

ひょんな事で知り購入した洗剤が、しばらくは我が家に新たな革命をおこしてくれるようだ!
それによって我が家は少しずつ綺麗になっていく!
ましてや余計な専用洗剤もいらなくなる?

注・私は洗○革命のセールスマンではありません!
効果は個人差によって違いますので、興味のある方は個人でお調べしご判断してください。


posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

夜の訪問者

8月20日(日)

夜11時過ぎパソコンの部屋でカチカチしているといきなり家の電話が鳴る!
「こんな遅くになんだろう?何か悪い知らせ?」
目の真の電話機を取ろうとすると子機が無い!
あわててリビングに走って行き着信番号を見るが電話番号登録されていない見覚えの無い携帯番号!不審な思いを抱きながら
「はい、もしもし」

「わ・た・し!来ちゃった!」
いきなり女性の声!

「はあ?だれ?」
「わ・た・し」

電話を左手・左耳で聞いているが、右耳に同じく生声で
「わ・た・し」

ハッと後ろを振り返ると玄関から聞こえてくる声!
「わたしらて、来ちゃった〜!ちょっと酔ってるよ〜!」

近所に住む女房の飲み仲間?のMちゃんと娘と倅と犬のハナ!

「どうしたの?」
「子供のバスケットの打ち上げがあって、今帰ってきたとこ!ハナの散歩しながら通ったら電気ついてたから途中下車!」

「そういうこと!びっくりしたよ!いきなり電話で「わ・た・し!来ちゃった!」だろ、そしたら電話以外の声も同時に聞こえてくるし」
「そんな、「わ・た・し」がいるの?」
「いない・いない!とりあえずビール飲む?」
「うん、いただく!」

「お盆中、顔出さなかったから寂しいねと言ってたところ」
「そうでしょ!私もそうおもってさ〜」

特別な用事がある訳でもなく、近所というだけで気軽に訪ねてきてくれる友人の存在は、私たち夫婦だけでなくお互いの子供たちも交えて色々な教育となり、本来の近所付き合いを体験できることとなる。

家族以外には中々なつかない我が家の夏バテ「ニル」もなぜかMちゃん家族には気を許し始めたようで、終始吠えまくることもなく犬にとっても世間との関わりが重要なのだと知らされた。

長い散歩も缶ビールを2本空けた所で終了となり、
「さあ、ハナ帰るよ!それじゃあね!ありがと!おやすみ!」

表裏無く、男でも女でも年齢の差も関係なく付き合うことが出来るMちゃんは「今日は疲れた!疲れた!」を連発しながらも、誰よりも元気に明るく深夜の町内を子供たちと帰っていった。

思いがけずビールのお供が出来た私は、電話ではビックリしたけど楽しく美味しい時間を過ごすことが出来ました!
また、いつでも来いよ〜!

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月21日

夏バテ?

8月19日(土)

朝から聞きなれない声?音が玄関から響いている!
何だろう?何の音だろう?

確認してみると、どうやら愛犬「ニル」らしい!
小屋から出してリビングで様子を見ていると、
「ガホッ・ガホッ・ガホッ」
何か喉に詰まっているような感じで咳きを数回している。

しばらくするとタンのような物を少し吐く
「どうしたんだろう?何か悪いものでも食べたのかな?」
「何も食べてないよ!」
「毛玉か何か喉に引っかかっているんだろう!少し様子みていよう!」

お昼を過ぎてもタンは吐かなくなったが咳きは止まず何気に元気もなさそう。
「心配だから医者に連れて行こうか?」
「そうだな!素人じゃ解らんし、何かあってからじゃ遅いし」

早速、近所の獣医の所へ連れて行き状況を説明する。
(人間の医者と違って込んでいないので、すぐに見てもらえる)

獣医さんが体温を測ったり症状を確認したりして
「あ〜、この分だと熱中症かな?いわゆる夏バテみたいなものです」
「夏バテ?犬でも夏バテするんですか?」
「当然です!犬だって生き物だし、元来暑さには強くないんですよ!」

言われて見れば南極の「タロ・ジロ」の例えのように極寒で暮らす犬は当たり前だが、灼熱地域で暮らす犬など聞いたことも無い。

「普段はどのようにして過ごしてますか?」
「日中はリビングのクーラーで快適にしてますが、夜は玄関の小屋に入れてます」
「ここ数日、熱帯夜が続いたから、その影響かも知れませんね!扇風機あります?あったら寝る小屋に風を当ててあげるだけで良いので」
「はい」
「それと弱っているので、普段と違うことはしないように!たとえばシャンプーとか、下手すると死にますよ!今年は夏バテで沢山の犬や猫が死んでるんですよ!」

おおげさな!と少し思いながらも、死なれると困るので注射と薬を貰って家に戻った。

注射が効いてきたのか夜には咳きも少なくなり、寝床には扇風機を当ててあげて隣の部屋でしばらく様子を見ていたが、最初は扇風機の風を不思議そうにしていたが、自分にとって快適な風と判断したのだろう、しばらくすると「グフフー・グググー」と小さな寝息?いびき?をたてていた。

昔と比べて生活が豊かになったことで人間に限らず犬も本来の抵抗力が低下してきているのかな?
今の私にはクーラーの無い生活など考えられない。

まだまだ暑い日が続くらしいので、くれぐれも熱中症や冷やしすぎには注意して過ごしやすくなる秋を待ちましょう!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月19日

あごが痛い!3日目!

8月18日(金)

昨夜の酒のせいか、痛みで何度も起きたせいか、7時過ぎに起きたのだが2度寝して県○病院に行くのが遅れる。

予想通り駐車場は一杯!院内も人が一杯!
(その割には赤字らしいが不思議!)

グルグル回っているとタイミング良く玄関前に近い場所が1台空き、何か得した気分で駐車し、慣れない受付に行き何とか受付を済ませる。

歯科・口腔外科の場所を聞き行ってみるとソファーには10人ほどの患者さんが座っている。
「いいよ、いいよ、今日は何時間でも待っている覚悟だし、ここは売店もあるから本でも買って、それでも駄目なら弁当でも買ってここに居座ってやるぞ!」

空いている場所を見つけて座ると目の前の別室に知人の姿。
「どうしたの?」
「いや〜あごがさ・・・」
「初診でしょ?」
「うん」
「待つよ〜!」
「うん、覚悟してる」

知人と話ができるだけでも紛らわせになると、少しほっとしているのもつかの間「○○さ〜ん」と知人は呼ばれて行ってしまった。

「しょうがない!とりあえずこの辺に置いてある「歯」に関しての冊子でも読み漁るか!」

1冊目の冊子をめくっていると目の前に看護婦さん(歯科衛生士)が現れた!
どうせ症状を聞いたり、問診表を書いてくれの用事だろうと思っていると
「相田さん、今日は込んでいて、この分ですと2時間程はお待ちいただくと思いますので、その間家で休んでいても良いですし他の用事を足してきても良いですよ」
「えっ!えっ!そんな説明があるんですか!」

驚きと感動が一気に込みあがり
「コレこそ正に白衣の天使だ〜!」
と思えた瞬間だった!

考えて見れば、どこの職場でも職種でも、蓋開けて見れば様子は分かるだろうし、機転を利かせればどこでもできることではないのかな?と当たり前の事をしない事に更に腹を立て、当たり前の一言の重要性を知ることとなった。

当店でも時間の有無を確認せずに接客し、お客様を不愉快にしてしまうことがたまにあり、それが原因で悪い評価をいただくこともあったりするので、まさしく消費者の立場や思い状況とは商品・価格とは別の意味で重要であると思い知らされる。

おかげで後回しにしていた銀行・会社の用事を足すことが出来、2時間後には新たな気持ちで待合の椅子に座ることが出来た。(駐車場もその頃は楽々駐車!)

20分程で呼ばれ気持ちよく診療室に向かうが、それを気に心の中は不安がよぎりだす。
「もしかして重症?手遅れ?」

ドキドキしながら先生とのやり取りが始まる。
「ふん、ふん、とりあえずレントゲンをとりましょう!」

レントゲン?
撮るとなると不安だし、撮れなければまた不安だし!

丁寧に場所を案内され、そこでも丁寧に対応され、右・左・口開け・口閉めと4枚の写真を撮り無事終了!

写真が出来上がり再度診察台に上がり先生の回答をビクビクしながら待つ。

「う〜ん!」(医師はなぜかそういうと思っている)
「骨には以上は無いです!腫瘍とかも無いですし、触った感じでも異常は無いようです」

「それじゃあなんなんだろ???」

ポーカーフェイスを装っていたのか、もともとなのか急に笑顔と思える表情になった先生
「相田さん、歯軋りするって言われません?」
「はい!言われます!たまに自分の歯軋りで目が覚めます!」
「今回の原因はその歯軋りです!」
「はっ?歯軋り?」

「夏の疲れとストレスが重なって、何よりも最近は毎晩飲んでるでしょう?」
「は・はい」

「それですよ!疲れて深酒してると普段より強く歯軋りするんですよ!しばらくは負担をかけないようにと歯軋りを控えるように・・・」

「歯軋りを控えるですか???」
「痛みのあるうちは本能が歯軋りさせません。直ってからは家族に言って動かしてもらうとか、起こしてもらうとか、最悪はマウスピースを作りましょう!」

なんだか楽しそうに話す先生!
私以外にも前例があるのだろう、そばに居る看護士(衛生士?)さんも緊張感無く笑っている。

原因が解れば一安心!私も照れ笑いをしながら、重症でなかった事と待ち時間に対しての対応の良さに感謝して診察台を降りた。

思えば「歯医者」であの「キュイーン」の道具を使わなかったのは初めて?

一部始終を女房に話すと
「だから信○さんに相談したらって言ったじゃん!」
「そうだな、けど県○病院の対応の良さに触れられたし、信○さんだと後々まで笑い話になっちゃうし・・・」

「お父さんの歯軋りは相当だから、自分でも止められないし、私たちではとうてい無理!早めにマウスピース作ってもらったら?」
「まあ、そう言うな!しばらく様子見てな!寝るのにマウスピースなんて嫌だし、それに亀田○毅みたいになっちゃうよ!」

歯軋りが原因ということで気持ちも安らいだからか?1日2日と安静?にしていたからか?薬局で貰った痛み止めが効いたのか?
夕食からは痛みも和らぎモリモリでは無いが、かばいながらもみんなと同じメニューを食べることが出来た!

みなさん!歯軋りは早めに止めましょう!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

あごが痛い!2日目!

8月17日(木)

深夜からあごが強烈に痛み何度も目を覚まし寝てられない!

朝には上の歯と下の歯をかみ合わせるだけで飛び上がるほどの痛み!

女房に症状を説明しながら
「それだと歯医者じゃない?信○さんに電話して聞いてみようか?」
「そうかな?俺は耳からだと思うんだ!何かの菌が耳から入って、耳とあごの付け根の所に腫瘍ができて・・・あ〜きっと大変なことになっているんじゃないかな?」
「そんあ事ないと思う!それでどうするの?」
「最初の診察で菌の検査したんだけど、お盆前の再診サボって結果聞いてないし、とりあえず耳鼻科に行ってくる」
「お盆の休み明けで、今日は間違いなく3時間コースだよ!」
「うん、仕方ない!」

無理に開けたり食べたりさえしなければ痛みは無いので、最悪の待ち時間さえ覚悟してさえいれば楽になれると信じて耳鼻科に向かう。

「時間どれくらいかかりますか?」
「1時間半位は・・・」

いつも通りの台詞が返ってくる。
どう見ても先回より待合室は込んでるし、年齢層も幅が広い!
1時間ほど外で用事を足して、後1時間は覚悟して待合の椅子に座る。
「相田さ〜ん!」
あれから2時間!正味3時間!やっぱりな!
待たせたそぶりの微塵も無く、当たり前のように呼ばれる。

診察台に座りこちらの用件より早く、先回の検査結果の話がされる。
「相田さん!悪い菌がいましたよ!この前の薬では死なない菌なので、別の薬を出しますね!どれどれ?うんうん!耳の中の炎症は良くなってますね!はい、OKです!」
「せ・先生!実は昨日からあごが痛むんですけど!」
必死に症状を訴えかけ、さっきの菌と結び付けたがる私。

「あ〜、それは耳とは関係ないですよ!安心して!口腔外科のある歯科医院が専門ですね!この辺だと県○が近いかな!県○はお盆休みとか無いから木昨日のうちに行ってくればよかったのに!」

そんあことは素人の私には解らない!

耳とは関係ないことが良いのか悪いのか、いずれにしても検査の結果、悪い菌がいることが判明し新たな薬を出してもらうことになったので結果としては良かったのかな?

「それでは来週の24日にまた来てください!お大事に!」
毎度のことだが、半ば予約のようなやり取りなのに時間を決めてくれない!
ある程度であれば時間で割り振れるのでは?と思いながらも素直に「はい」とだけ告げて耳鼻科を後にする。
今の私にとっては「耳の菌」よりあごの痛みが最優先!

薬を貰って駐車場を出たときは1時近くなっている、今から県○は無理だし今日は諦めて明日にするしかないか・・・

夕方から「新潟朱鷺市&吉田異業種交流会」の納涼会が岩室温泉の「富士屋」で行われ、顔見知りの会員さんたちとの親睦と為になる講演を聞くために出席する。

話すことに支障は無いのだが、いまいちテンションがあがらない私。
1時間30分程の講演を聞き、各自に用意されたお膳の前に座り納涼会が開始される。

たまには豪華に!
をテーマに催された会場だけに、目の前に出された料理も豪華絢爛!

なるべく柔らかそうな物を口に運ぶが、やっぱり痛いし味気無い。
気持ちなのか体調なのか、いつもより酔いも早いし悪酔い気味・・・

唯一は同席の会員さんたちとの楽しいやり取りが、調子の悪い私を癒してくれる。

会もお開きとなり、行きと同じメンバーでバスに乗り込み吉田へ向かう。
「2次会は駅前でやりますので参加の方は駅前で下車してください」

あご痛いし、調子悪いし、どうしようかな???
悩んでいるうちにバスは駅前に到着!
家が近くで年齢も近い歌○さんが
「相田さん、2次会行きます???」
(行かないなら、このまま陸橋歩いて帰ります?)
お互いが顔を見合わせてそんあ信号を送る。

「はい!はい!相田さん!歌○さん!行くよ!」

今帰ってもあごの痛みが治まるでもなく、楽しい時間をもう少し!
と覚悟を決めて2次会参加!
おかげで楽しい時間と美味しい料理(柔らかい物)を食べることができたのだが、最後にサービスとして出してくれたメニューには無いという「サーモントースト」だけは欲求でかじりついたが、激痛が走り食べることができなかったのがとても悔やまれる!
参加の皆さんは完食されていたので、さぞかし美味しかった事でしょう!
今度行ったらまた作って下さい。

ということで、明日は県○病院に行ってくるぞ!
あそこは何時間待ちだろう・・・
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(8) | 社長のひとりごと
2006年08月18日

あごが痛い!

8月16日(水)

何やら朝から右のあごが痛む!
以前にも何度かあったことで、1〜2日で直ることから今回も様子を見ることにする。
先週の耳の治療は完治したようで違和感も何も無いのだが、もしかして耳からきたあごの痛み?と思うと少し心配!

何も無ければよいのだが・・・
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月16日

虫取り

8月15日(火)

「今年の夏休みには虫取り(クワガタ・カブト)に連れて行って!」

随分前から言われており、約束をしていたのだが今年はなかなか梅雨が明けず、やっと今頃になってから
「よし!虫取りにいくか?」
と声をかけてみた。

「いくいく!けど、いるかな?どこに行く?」
「解らん!誰かに聞いてみるか?」

調度、昨日の昼食を誘われたのを切欠に、
とりあえず我が家の「何でも相談所」の近所のWさんに聞いてみる。

「昔、数年前に行ったことがあるから、そこはどう?」
「有難うございます!行ってみます!」

聞いては見たものの、正確な場所を知らない不安から夕方になってから
「夜の為に明るいうちに下見をしてこよう!」
と思い立ち出かけようとしたところに、ご近所のWさんが偶然に我が家にやってきた。
用事を済ませ、これからの予定を話すと
「それなら俺も一緒に行くよ!」
「それはありがたい!是非お願いします!」

タイミング良く?現地ガイドのWさんが訪れてくれたことで勇気百倍!
早速、子供たちとWさんを乗せて下見に出発!

「やっぱり、連れてきてもらって良かったです!一人で来ても解らなかったでしょう!」
「良かった!良かった!明るいうちとはいえカブト虫が一匹いたし、これでいつでもこれるでしょう?」
「はい、有難うございました!ところで奥さん心配していませんか?」
「うん、大丈夫!だと思う・・・というか言うと呆れると思うよ!」
「何で?」
「だって、俺も虫取り、好きだもの!」

下見を終え家に戻り女房に報告していると
「私、弓○枝さん(Wさん奥様)にメールしたよ!一緒に下見に行ったこと!」
「何て返信きた?」
「呆れてた!」
「・・・・・」

本来なら夜中に行きたいのだが、3男も連れて行けとうるさいので9時を過ぎた頃、Wさん家の長男も誘って早めの虫取りに出かけることにした。

Wさん家の長男に
「信○さんは何してた?」
「俺も行こうかな?って言ってたけど、酔ってるから止めた!」
そう、私は今夜の為に晩酌を減らした!

夜道を走らせ現場に到着し、各自が懐中電灯を片手にそれぞれの木に散らばる、
「おっ!」
「あっ!」
「おとうさ〜ん」
「なんじゃこりゃあ〜」
いろんな声を耳にしながら、電気の照らす先を見つめる。

下見に行く際、家にあるもので「怪しい液体」を調合して、夜の為にと木に流してきたのだが、どうやら調合ミスだったようで、そこには「カマドウマ」の大群しか集まってなかった・・・

が、「怪しい液体」をかけていない木にはクワガタやカブトが・・・
(想像してください)

「やっぱりこの時間帯は駄目だな!既に誰かが採っていったんだよ!」
「・・・・・」

収穫はともかく、子供の時には経験することが一番で、同乗していた4人の子供たちは、それなりに楽しそうにしていた。

私も子供の頃に近くの神社へ父ちゃんにせがんで連れて行ってもらったことがあり、今思えば良い思い出となっている。

Wさん、とてもよい場所を教えてくれて有難うございます。
時期や時間によっては最高の場所と確信しています。
また一緒に行きましょう!そのときは女衆も連れて!

もう時期的にも終わる頃なので、来年の為に新たなポイント探しと、甲虫類が集まる液体の研究を今から始めようと思いながら家に戻った。

どなたか、良いポイントがありましたら、こっそりと教えて下さい。

我が家に用意された豪華な虫かごには、沢山の虫たちが居場所を争いながらガサゴソと音を立てている・・・はずだったのに・・・
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

男2人

8月14日(月)

東京で暮らす友人が帰省しており、お互いの近況報告?を兼ねて飲むこととなった。

暮れ正月・連休・お盆と年に3回くらいは帰省しており、時間があればその都度会ってはいるのだが、いつでも会える距離ではないため毎回会えることが待ち遠しく、まるで初恋の人に会うかのような思いでいる。
がそんな思いとは裏腹にヒゲも剃らず、普段着のTシャツを着て再会できる気楽さが何よりも良い。

「よう!」
「おう!」
再会の挨拶はそれだけ!

行き当たりばったりのように店に入り、ひたすら飲みながら止むことの無い会話!
新潟と東京!環境も働くフィールドも全く違う2人ではあるが、どこか共通点が一杯あり、同調することが多い会話。

3杯目?4杯目?とグラスを空けたころ友人がポツリ。
「俺自身と人生観が変わったのは、女房に出会ったからなんだ!」
「俺が知っているお前の中身は何も変わってないけど、表面的には確かに変わったよな!それに俺も一緒だよ!女房のおかげでかなり変わったと思うよ!」

混雑する店内に男2人連れは私たちだけ?
それもカウンターの隅に座って「女房のおかげ話」

私 「客観的に見たら、聞いたら、珍しい会話だよな!よくよく振り返ると、お前の会話には愚痴っぽい話や他人の非反論が無いから楽しい事に今気がついた」

友 「だってお前に愚痴っても何も変わらないし、かえって俺の評価が下がるだけだろ?折角の楽しい時間なのに!」

私 「うん、俺もそう思う!でもこの先長い付き合いで、どうしても言いたい聞いてもらいたい時は、話す前に必ず前置きをつけて話せよ!」

友 「そうだな!」

それから何杯のグラスを空けたことだろう!
目の前の棚に置いてある珍しいボトルを色々試し飲みして、
「よし、次行こう!」
と男2人は駅前の「グーラッフ」へと足を向けた!

忙しい時間帯も終わったようで、店内も落ち着いており
「今日は社長は?晶○さんは?」
「例の仲間たちと避暑地へ行ってます!」
「そうか残念!」
また楽しい思い出話が期待できそう!

出来上がった2人を楽しませるように気遣いしてくれるお店の心配りと珍しい・美味しい料理に満足しきった我々は、いつに無くはしゃいで飲んで食べて話して過ごすことができた。
「グーラッフ」いろいろ有難うございました。
(料理ももてなしも最高なのだが、マスターがパソコンをいじれない事を今夜初めて知りとても以外だった。一日も早く見るぐらいはできるように近くの人に習いましょう!)

友人はとっても気に入ったようで、次には家族で必ず行く!と言ってました。

「じゃあ!また!」
「おう!じゃあ!」
店を出た2人はマスターに見送られながら、簡単な挨拶を交わし別々の方向へと歩いて帰って行った。

友人Oよ!楽しい時間を有難う!次は暮れかな?それとも来月かな?
いずれにしても、また会える日を楽しみにしてるので、それまでお互いに元気で頑張ろう!そしてまた美味い酒と楽しい会話を!

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月15日

お盆

8月13日(日)

幸いな事に我が家は私も女房も「お墓」が町内にあり、どちらも近くということで夕方過ぎに準備をして行っても1時間もあれば終わってしまう。

知り合いには遠くにお墓があることで、1日がかりでお墓参りという人もおり、それはそれで小旅行気分もあって良いのかな?とも思うが、我が家のお墓参りは簡単でありがたい。

実家といっても普段から出入りしているので、お盆と言っても特別なことはお互いに無く、仏壇にお供えをしてお参りをして、畑で取れた野菜を貰ってくるぐらいで、近況報告とかお食事会などは一切無い。

お互いのお墓参り・仏壇参りを終えると時刻は6時半を過ぎていた。
道中のレストランや食堂の駐車場は既に一杯で、パチンコ屋も多くの車が停まっている。
「最近のお盆は家で夕飯を食べる人が少ないのかな?こんな日までパチンコしている人があんなに居るなんて・・・」

「時間も遅いし家もどこかでご飯食べていく?」
隣に座る長男が世間に便乗したかのような質問!
「いいね!いいね!」(次男)

「駄目・駄目!家で食べる!お父さん、スーパーに寄って!」

食べたいものを物色しに私以外がスーパーに入っていく。
「俺、うなぎが食べたい!すしでもいいな!」
「俺は冷麺!」
「簡単なのがいいよね!」
車中で交わした会話から、今日はご馳走?と期待しながら車で待つ私。

各自が両手に袋を抱え戻ってくる、袋から冷麺が透けて見える!
私は冷麺が大好き!毎日でも食べたいくらいなのだが・・・

家に戻り早速夕飯の支度に取り掛かる、
ご飯を炊いて、枝豆茹でて、アレとコレをお皿に盛って・・・
「優二!じゃあお願いね!」
ん?何だろ?もしかして?
見てみると、ガスレンジの隣に詰まれた「餃子」の山。

「もしかして、今日は餃子?」
「そうだよ!嫌だった?みんな餃子が良いって言うから」
「いや、そんな事は無いよ!」

我が家では餃子の日は、次男が焼きを担当している!
フライパンに丸く並べてこんがり焼いて、お皿で蓋してクルッとひっくり返して出来上がり!結構上手に見た目も綺麗に焼き上げます。

「いただきます!」

「しかしさあ、お盆に餃子食べてるの家ぐらいじゃない?美味いからいいんだけど・・・」
「きっとそうだと思うよ!誰も買ってないからスーパーの棚に一杯あったよ」

我が家には仏壇が無いので、ご先祖様が帰ってくるかは定かではないが、ご近所に帰ってこられるご先祖様は、さぞかしニンニク臭かったことであろう!

ご馳走では無かったが?大好きな枝豆と餃子のおかげで、いつもよりビールを飲む量が多かった私たち!(女房はそれが狙いだったのかな?)
ところで、冷麺は明日?明後日?
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月14日

第1回・燕市市民ゴルフ大会

8月12日(土)

市町合併に伴い従来各市町で行われていたゴルフ大会も統合され、新市・燕市として「第1回・燕市市民ゴルフ大会」が開催された。

会場は「新潟ゴルフクラブ」と「YONEXカントリー」を貸しきって、各200名程の参加で合計400人を超える特大コンペとなった。

私は「YONEX]の方に申し込み、昨夜のビールのおかげかぐっすりと眠ることができ、いつもなら早々起きるのだが、珍しく女房に起こされての出発となった。

道中は天気の心配などせずに向かっていたのだが、何やら前方の空が暗く見え始め
「もしかしたら、向こうは雨?」
と心配しだしたとたん、雷が鳴り響き一気に大雨が振り出し、まるで夜になるのかと思うぐらい暗くなり始めた。

60Kmで巡行していた車も全てが20Km以下まで落とし、ノロノロ運転で無ければ進めないほどの天候になってしまった。

なんとかゴルフ場に辿りついたのだが、やはり悪天候が原因で玄関先では荷物を降ろすことも許されず、とりあえず様子をみると言うことでクラブハウスにて待機を余儀なくされた。

各自ロビーやレストランで天気の回復を待っているが、相変わらずのピカッ!ゴロゴロ!

「雨は何とでもなるけど雷が止まない限りは駄目だね!」
「万が一クローズになると俺らも残念だけど、ゴルフ場も大打撃だね!」
「とりあえずビールでも飲んでるか?」(私では無い)

様々な会話が飛び交う中で、約1時間程すると雷も収まり雨も小降りとなり、大会は実施されることになった。

そこに集う者たち全員が待ち望んだことであり、スタートのアナウンスが流れるとみんなが意気揚々として練習場に行ったり準備を始めた。

私がスタートする頃には雨も完全に上がり、太陽が出ていないことが幸いな涼しい風に吹かれながらスタートすることができた。

表彰式は吉田の産業会館で400人が一同に集って行われ、あちらこちらでお知り合いの方に会え盛大な表彰式でした。

スコアは?といえば、
「アレをああすれば・・・あそこでこうすれば・・・アレが無かったら・・・あの人がアレだから・・・帽子が・・・球が・・・風が・・・」
と思いつく言い訳を全部しても足りない程のスコアでした。

順位は?といえば、
約200名ということで順位表が2枚にも及び、1枚目のどこを探しても見つからず、
「もしかしてミス???」
と思いながらも2枚目をめくると、2枚目の最初から最後までの調度真ん中くらいに名前がありました。
予想以上にハンデホールに絡んで折らずの結果かな???

商品らしいものは該当しなかったが、最後のくじ引きで「ラッキー賞」と称して「食事券」と「缶ビール500ml・1ケース」をいただくことができ、自転車のカゴに無理やり乗せて何とか家に持ち帰った。

早速、冷蔵庫に入れようと包みを空けると
なんと「缶チューハイ」だった・・・

ゴルフに行って、毎回思うこと
「今度こそは上手くいくように・・・」


posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

打ち合わせ

8月11日(金)

9月末に予定されている「新潟朱鷺市」研修旅行の打ち合わせが某居酒屋で行われた。

「先に予定の確認やら話し合いますか?」
「う〜ん・・・折角だから飲みながらやろう!」

会長の鶴の一声で
「生6つ!」

「かんぱ〜い!」

の合図で打ち合わせは開始された。

8割程は決まりかけていたので、詳細等の打ち合わせをし、
その後はいつものように「世間」「職業」「アメリカ」「ゴルフ」と様々な話が持ち上がり、終始楽しく為になる時間を過ごすことができた。

明日は「第1回・燕市市民ゴルフ大会」今夜のメンバーに参加者は3人!
「明日も早いし早めに切り上げるかね?」
「そうですね、じゃあラーメンでも食べて帰りますか?」

近くの店で生ビールを飲みなおし、ラーメンを分け合って各自解散となった。

当日は間違いなく内容の濃い楽しい研修旅行となるだろうが、既に打ち合わせから参加させていただけることで、私は誰よりも先に楽しませてもらっている。

まもなく正式なご案内をいたしますので、会員の方々はふるってご参加ください。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月11日

初めてのお使い状態(*^_^*)

うちのお子ちゃん達が初めて2人だけで電車に乗り社長のおうちに行って来ました(^O^))
途中不安もあり、近くにいたおじさんに『吉田駅はまだですか?』と聞いていたようです(*^_^*)
曾根駅の駅員さんもいい方で2人で乗るのでお願いします。と伝えたら『大丈夫ですよ。電車が来たら連れて行きますから。』と笑顔でこたえてくれました。
宿題を見てもらい、一日中楽しい時間を過ごしたようです(*^_^*)ありがとうございました。帰りの車の中で2人共そっこー爆睡でした。
社長も専務も、我が子のように接してくれ有り難く思います。またおじゃまします(^_^)v
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西川店店長

祭り反省会

8月10日(木)

先週末の吉田祭り慰労会に引き続き、今夜は「まつり実行委員」の反省会が行われた。

当番町内ということもあり、司会と進行を任されていたのだが、今夜の反省会は当初より
「俺が司会進行では駄目なんだよな・・・」
と思いながらも議事を進行していくが、やっぱり進行だけでは物足らず?
本来の反省点?個人的感情?をぶつけている私がそこにいた。

結果としては4年目ということや当番町内が一巡したことも重なり、例年には無い本音の混じった内容の濃い反省会を行うことができた。

どこかで立てねばならぬ年長者ではあっても、時には世代を超えて発言しなければ何も変わらない!
目的を明確に示すことが何よりも必要な集まりだけに
「今年は今までで一番盛り上がった」
の感想を元に、
「来年は今年以上に盛り上がらろう!」
の意識を保っていってほしいと願い、反省会後の飲み会とその後の2次会でみんなで堅く誓った。

「終わり良ければ全て良し」
労力・時間・金と様々な事が問題とされ問われるが
何はともあれ「祭り」の最大の目的は
「どれだけ楽しんだか?どれだけ盛り上がった?」
その結果が全てであり、来年への一番の課題であると思った。

多少の非難は覚悟しても、来年も楽しさに向かってみんなで頑張ろう!

「祭り」には年齢も性別も、それこそ地位や名声は関係無い!

感情的な発言に反省もしてはいるが、更なる漲りを抱いて帰ってきました!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

入り混じって・・・

8月9日(水)

姪っ子(女房方)が上京してから初めて帰省したこともあり、急遽、身内(女房)の子供たちや近い子供たちを集めてバーベキューをすることにした。

朝から初めての体験で越後曽根から吉田まで小3・小5の女の子2人で電車に乗ってやってきた西川店店長の娘を含めて、我が家3人・姪2人・甥2人・近所1人・店長娘2人の下は4歳から上は21歳までの10人もの子供たちが初対面を含めて勢ぞろいし、照れも含めて楽しい時間を過ごすことができた。

最初は子供たちのためと意気込んで肉を焼いたり調理をしたりしていた私も、熱風を浴びながらの作業にビール片手で健闘していたのだが、子供たちのお腹が膨れるのと、その親たちが随時訪れることで次第に大人の飲み会へと変わっていった。

昔から子供は年齢や性別は違っても、触れ合う環境さえあれば時間と共に打ち解け、何も与えなくても勝手に遊んでいるもので、今夜も多少の危険を回避さえしていれば、楽しそうに触れ合い笑っている子供たちの姿を見れることに出会うことができた。

親だからといって全てを押し付けるのはいけないし、全てを見てあげようと思っても無理なもので、どこかに一人でも二人でも大人が関わってさえいれば、子供は子供同士の中で多くを学んでいるようだ。

「楽しかった!またやろうね!」

その一言に全てが凝縮されているのだから、大人として
また必ずやってあげようと心に誓いながら、かすれる意識の中で
「今夜も最高!明日も頑張ろう!」
と自分に言い聞かせ布団に入った。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月09日

兄弟喧嘩!

8月8日(火)

「お父さ〜ん!大変!新ちゃんたちがソパアー壊した!来て〜!」

三男が泣きながら私のいる元へと報告に来る?

「ん?ソパアーって何だろ?」

いつもながらの兄弟喧嘩の末、また何かを壊したのだろう、リビングに行ってみたが目に見えて様子は変わっていない。
喧嘩の張本人たちは私の顔を見ないように、お互いが悪いんだと言い訳を始める。
「ところで何を壊したんだ?」

「ソ・ソファー・・・」
「はー?ソファー?七海はソパアーとか言ってたぞ!どこ?」
「こ・ここ・・・」

近くに行ってみてみると、座面と肘の部分が見事に分裂している。
おかげで座面は片側が床につき座ることすら出来ない状態。

「ごめんなさい。ごめんなさい。どうしよう・・・」
「どうやったらこうなるの?本当にお前たちは加減を知らないんだから!これはもう駄目だろ!処分するしかない!」

予定外の事態に呆れるやら、情けないやら・・・

使用不可能とはいえ他において置く場所も無く、とりあえず形だけはと座面の下に雑誌を挟んでバランスを保つことにした。

数時間もすると、さっきの事など忘れてしまったのか平然とした顔で一気にソファーに腰を下ろす息子たち!

「この野郎ー!壊れているの忘れてるの?お前ら何にも反省してないだろ!」
「ごめんなさい・・・」

「ねえ、本当にもう駄目?直せない?」
子供たちが居なくなった時に、こっそりと聞いてくる女房。
「どうだろ、裏返して良く見てみないと解らんな!見えない部分で補強できればいいんだけど」

「無いのも困るし、新しいのを買うのも困るし・・・」

「明日にでも見てみるよ!大丈夫!俺に任せておけ!」
「うん、けどまたコメリで色々と材料とか買ってくるの?」
「・・・・・」

故意では無いにしろ我が家の兄弟喧嘩は、年の差5歳といえ言葉の暴力から押したり蹴ったりと、傍で見ていると恐ろしいレベルで毎日のように行われ、数十分後には仲直りを繰り返している。
一人っ子の私には経験の無いことで、喧嘩の原因も仲直りのタイミングも未だに未知の世界!

私が温厚で平和主義なのは、一人っ子のせいかな????

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年08月08日

待ち時間!

8月7日(月)

海水浴が原因ではないのだが、朝起きてから右耳の奥が痛い!

数日前から違和感があり綿棒でいじっていて、海水浴から帰ってきて更にいじりすぎた?

大事になるといけないので勇気を出して耳鼻科に行くことにする。

元来丈夫な私は医者にかかることは滅多になく、医者が怖いわけでも無く注射が怖いわけでも無い。

私にとっての勇気とは「待ち時間」

歯医者はほとんど予約時間で診察してくれる。
風邪のときは具合の悪さが優先して、待つことの苦労を感じないし、いざとなればどこにでも病院はある。

たまたま近くに無いからなのか、痛みや命に関わりが薄いからなのか、私がたまにかかる耳鼻科・皮膚科は異常な位込んでいて1時間待ちなら早いほう。

「家と同じで先週は海がピークだし夏休み中だし週明けも重なっているから、今日は2時間は覚悟して!」

女房に脅かされながら
「そうだな、それでも今日行っといた方がいいよな!」

2時間待ちを覚悟して最寄の耳鼻科へ向かう!
既に駐車場は満車!ガラス越しに見える待合室も満員!

「どれくらい待ちますか?」
「そうですね1時間30分位・・・」
(答える受付嬢は責任逃れか、私の目を見ない!)

2時間は覚悟していたので、
「1時間30分でも2時間でもOK!OK!」

出掛けに女房に持っていくようにと言われ、本まで持参!
しかし待つのはいいが、場所が無い!
待合室にある椅子は全て満席!横にある畳の場所は老人たちの仮眠場所と談話室になっている。車で待つにしても駐車場も満車!
一旦家に戻ろうかな?と思うが、元来心配性の私は「もし早めに呼ばれたら・・・」と思うと遠くには行けない。

結局、車は近くのスーパーに止め、待合の席が空くのを待つことにした。
幸い順番の早い患者さんが5〜6人単位で中待合に呼ばれたので座る場所を確保でき、気長な順番待ちに挑むことを決意!

30分を目安に外でタバコを吸ったり、本を読んだりして2時間は難なく過ぎたのだが、自分でも覚悟していた2時間が過ぎると
「もしかしてタバコ吸ってる時に呼ばれたかな?何かのミスで漏れているのかな?」
余計な心配がよぎり始め、ソワソワ・ドキドキ状態!

2時間30分を過ぎ
「絶対におかしい!さっき入ってきた人はもう呼ばれたし!」
疑心暗鬼な思いが高まり、
「あと10分経っても呼ばれなかったら聞いてみよう!」

待つことを止め、待たされることの究明をしようと切り替えた時
「相田さ〜ん!」
救世主のような声が診察室から響いてきた。

中待合で10分程待たされ、ようやく診察!
「どうしました?」
「右耳の奥が痛むんです!」
「どれどれ、うーん、だいぶいじりましたね!鼓膜は何とも無いので、飲み薬と耳に入れる薬を出しておきます!」

カップヌードルが出来上がる頃には診察椅子から降りていた私!

その後薬をもらい、ようやく車に戻り携帯をみると
「どうしたの?重症?」
あまりにも帰りの遅い私に、緊急入院(そこには入院設備は無い)の心配でもしたのか女房からのメールが届いていた。

診療時間 午前12時30分まで
と書かれているが、時刻は1時を過ぎている。
午後3時からの診療受付は12時30分からで、12時過ぎには並ぶ列ができる。
需要と供給のバランスはわからないが、診てもらう方も診る方もお互いがあってこそ成立しているはず。
昔と比べれば数倍の診療技術や機材が揃っているのだろうが、受付のシステムだけは昔と何も変わっておらず、当たり前か諦めかのどちらかで無言で待つ患者。
困ったときだけの需要だから仕方ないのかも知れないが、今後は無意味に感じる待ち時間を改善できるようにならないかな?
繁盛店と一緒で、患者の居ない少ない病院は行きたがらない心理もわかるが・・・

「4日後にまた診療に来てください!」

今日は仕方ないが、4日後の再診は予定内でしょう!
待つのが嫌なら、朝早くから順番取りに行くしかない?
せめて時間を決めませんか?

あの時間はお互いに有効活用できる時間だと思うんだけど・・・

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

日焼け!2日目!

8月6日(日)

昨日の海水浴での日焼けに引き続き、今日はかねてから計画されていた炎天下での芝狩り棒振り日焼けの日!

昨日の海水浴と祭りの慰労会疲れもなんのその、朝も早くから気合を入れて出発!
今日はスコアより体の心配を第一に考え、暑さ対策と水分補給を万全に整え、ライバルたちとの一戦を交えた!

昨日の疲れが残っているのか、いつに無く力みの無いスイングと、気楽さか暑さのせいか緊張感の無い状況で、時より吹く風を心地よく感じながら、暇さえあれば何かを飲みながら、帰る頃には
「黒人と一緒にいるようだ!」
と真っ黒に日焼けした私に向かって言う友人。
「それを言うなら、タイガーウッズみたいと言え!」

早いスタートと早い反省会のおかげで、夜9時過ぎには布団に入り、2日分の疲れを癒すことができた。

スコアは???
いいところまでいくんだけど、今年はまだ○○台が出ない!

真夏のゴルフに行かれる方は、水分補給と熱中症に気を配り、暑い中での爽快感だけを味わいにお出かけください。
くれぐれもホールインワンなど意識しないように・・・
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。