【新潟・携帯電話・激安のピーズ】ウェブサイトはこちらから

2006年05月31日

適任者!

5月31日(水)

5月30日のブログに補足
・私は英語は全く話せません!(話せたらいいな!の願望はずっとある)
・この年になっても日本語が上手に話せない・書けない・・・
・日本人の誇りって何?と聞かれたら、私は一番に「日本語」と答える
 (と言いながら、私の日常会話には外国語や外来語が一杯)
・便利な世の中ゆえに、困った時の対処や応用が出来る子供たちであってほしい


夕食前に近所のMちゃん(同世代保護者・母)が訪ねてきた。
「吉田祭りの件で、何で私が子供会の責任者なの?私、子供会の会長じゃないよ!」

先日の3自治会の「吉田祭り」3役会議で決めた事なのだが、本人には事前に話してなく、昨夜いきなり自治会会長に言われ困惑して我が家に怒鳴り込んできた!(ぜんぜん怒鳴っていない)

「まあまあMちゃん!来る頃だと思ってた!会長から詳細聞いた?」
「何か話したみたいだけど、いきなりでほとんど聞いていない!」

鼻息荒く(荒くない)鋭い眼光の(鋭くない)高ぶった(高ぶってない)Mちゃんを落ち着けるために、冷蔵庫から冷えたビールを取り出し目の前に置く、視線は私から右手に移り缶を開ける手を凝視し始める、
「とりあえず一杯飲もう!」

差し出すビールを受け取り一口!

「じゃあ、会長の話とだぶるけど今から説明するから、今度は聞いててね!」

いくつかの説明と確認をしながら話が始まる。
今年の子供会の顔ぶれを思い浮かべながら、去年までの祭りを思い出すMちゃん。
子供会の運営や立場がつらい事も、祭りに関わる事が大変な事も十分に知っているMちゃん。

「ねっ!だからMちゃんしかいないの!他に誰か思いつく?適任者いる?」

「・・・いない・・・そうだよね・・・私がやるしかない?」
「ない!Mちゃんしかいない!」

自治会内での子供会の事を親の立場でなく子供の目線で見ながら実行してきたMちゃん!
子供たちの楽しみと負担を考えながら祭りに関わってきたMちゃん!
どうせなら楽しく終わろう!といつも真剣勝負のMちゃん!

全て納得して理解してくれたMちゃんは、最後の一口を飲み干し
「そうだね!よし!忙しくなるぞ!みんなが楽しめるように頑張るぞ!相田さん達もちゃんと協力してね!」

「当然!」

我が家を訪れた30分前より、別な意味で勢い勇んで200m先の自宅に帰っていった。

「やっぱり、Mちゃんでよかったね!Mちゃんしかいないし!」
「Mちゃんだから出来るんだけど、今後は世代交代も考えていかないとね!」

どこにでも沢山はいないが、必ず適任者は存在する。
Mちゃん!祭りは「美味いビール」いっぱい飲もう!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

学校教育・・・

5月30日(火)

PTAからの名残り?で「吉田地区学校教育活動推進会議」という団体の会議に出席してきた。

長くて難しそうな名前ではあるが、内容は昨年まで4小学校の5年生で行われていた「自然体験学習」が市町合併により他の市町では行っていないこともあり、今年から実施できなくなる事で、今までの体験者や保護者から
「なんとか引き続き行って欲しい」
との強い要望があり、旧吉田町時代に名誉町民にまでなられた方々から学校教育に役立てるためにとご寄付いただいた基金を元に、今後も継続していく目的を掲げ発足した団体である。

2泊3日で「妙高自然の家」でテント泊・登山・キャンプ・炊事・等を体験し今後に役立てよう!をテーマに実施されている。

わたしのも去年・一昨年とボランティアとして参加し、子供たちと一緒に行動を共にしたのだが、たしかに今の時代ではどれをとっても貴重な体験であり、慣れない生活?で体は難儀ではあったが私まで少年の心に戻って純粋に体験を楽しんだりしてとても有意義な時間であった。

財源は今後数年分しかないので、いつの年からか実施出来なくなる不安はあるが、出来る事ならば新市「燕市」として全小学校で実施出来る事を強く望んでいる。(私だったらアレにお金を使わないでコレに使う)

いつの間にかゲームが日常の自由時間を支配し、それ以外は塾や習い事の昨今、テレビも無い・面倒を見てくれる親もいない・当然ゲームも無い・朝起きることから身支度を整え布団を上げ・・・一日の終わりも全て子供たちで行う環境は、たった2泊3日であっても子供たちには大きな成長と変化に導いてくれている。

わが子を心配のあまり、ボランティアを装い期間中同行する親も数名おられるが、私が見る限り親が心配しすぎているだけで、結局は心配される事など何も無く、かえって体力と根気の無い大人を見せに行っている様なものにさえ見えてた・・・

当然なのだろうが、楽しい環境さえあれば
「テレビ見たい!ゲームしたい!」
の言葉など誰も発しない!

大げさな体験で無くとも、今の子供たちに昔ながらの体験をどんどんさせてあげたい(必要)と強く感じている。

ニュースでは小学生の「英語学習」の必要性などが取り上げられ、多くの大人たち(英語嫌い・話せない・外人コンプレックス)が賛成しているようだ。
それを不必要とは思わないし反対する気も無いが、大人たちが出来なかった事を望む前に、常識力・日本語力・生活力をもっともっと学業以上に取り組まなくてはいけないのでは?と思えてならない。

20年後30年後には、日本人らしい日本人が居なくなってしまう・・・
反対に日本には、外国人・外国文化が当たり前の様になり、白地に赤きの国旗さえ意味を無くしてしまうのでは・・・(私は右でも左でも無い)

何はともあれ、大人たちの責任と言われてから反省する前に、日本人の良い所は早めにどんどん浸透させていくべき!
(自然教室の話が、いつの間にか・・・)
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月30日

黒豆茶

最近?健康に気を使う?様になり、店にある黒豆茶をガブガブ飲んでます手(チョキ)大体1日に4杯ぐらいわーい(嬉しい顔)黒豆茶の効果は中性脂肪を無くす・
便秘解消・などなど・・とにかく女性にモッテコイexclamation×2です。ただ私の様に飲みすぎると夜中にお腹が緩くなり1人苦しむ事になりますふらふら今・思えばある意味 飲んで痩せる?健康ダイエット??なのかもわーい(嬉しい顔)(私には・・)皆さん飲んでみて下さい!苦味も無く匂いも良いので!そうそうアロマテラピ−の効果もあるそ-ですよひらめき
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 県央店店長
2006年05月29日

夏の匂い

5月29日(月)

7月28日・29日・30日に行われる「吉田まつり」の自治会打ち合わせが行われた。
当自治会では近隣3自治会で集まり「春之曙会」と称して祭りに参加している。
「春之曙会」となって今年で4年目であり、初年度を当自治会が担当となり4年目の今年に一回りして2度目の担当となる。

市町合併で従来の形式(補助金)が大幅に変わり、戸惑いの多い中での会議となったが、運営方法や役割分担に関しては過去に習う事で問題は無いのだが、資金的な面ではキツイ祭りになりそうな予感がした。

資金に関しては従来が頼る形が強すぎ、本来であれば自主性の中で運営されるのが祭であるとしたならば、ある意味これでよいのかもしれないとさえ思えた。

規模はそんなに大きくは無いが毎年行われていく中で、思い出と共に夏には無くてはならない行事であるため、みんな会議に熱が入っていた。

月が開けたら「実行委員」の選出が行われ、よりリアルに進んでいく事が、楽しい事が大好きな私としては大いに期待し、いよいよ夏の訪れを感じさせた。

今年の「吉田まつり」も盛り上がることを願う・・・
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

友達と遊ぶ「カラオケ編」

5月28日(日)

昨夜の東京在住の友人が、今夜は他の友人と居酒屋で飲んでいるとの事!

全く別の所で、女房は地元の旧友と久しぶりに「カラオケ」でストレス発散と明日への活力の充電!

狭い地元と楽しい事は大勢での基本なのか、大人しく?お留守番をしている私の携帯にメールが入る。

「あっちと合流して、みんなで歌ってます!来れたら来て!」

3男はお利巧にご就寝!
「2時間ばかり出かけてきていいかな?」
昼から新潟に映画を見に行って8時頃「遅くなってゴメン」と帰ってきた長男にお伺いをたてる。

「いいよ!もし七海が起きてもみてるよ!」

小雨の中、傘をさしながら会場に向かう。

40男と40女が4人で「懐かしい歌」を熱唱中!

「いいね!懐かしいね!あれは憶えている?」
「この歌きくと、あれを思いだす!」

誰気兼ねなく25年前の歌をチョイスしては大合唱!

上手下手は別として、いつの時代にも歌(音楽)は重要なアイテムとして存在しており、年月が流れても歌が昔に返してくれる事も多々ある。

いい時代に生まれ、いい時代に育った事に感謝し、良すぎる教育にならぬように言い聞かせ、家に戻って長男に
「ただいま!ありがとう!おかげで楽しい時間が過ごせたよ!」
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月28日

久しぶりの活躍?

image/nwj-2006-05-28T23:53:04-1.jpg昨日は幼なじみの結婚式に呼ばれて行ってきました☆久しぶりに会う友達も来るし、写真もイッパイ撮らなきゃ(☆o☆)と思い…あっ!デジカメ持っていかなきゃ(゜∇゜) 久しぶりに使うのでちょっと練習したり…このデジカメ なかなか出番がなく今回で3回目の登場☆
披露宴では何枚か写真を撮ったけど、んっ?ナニ?っ写真が何枚か…
撮っては消して何回繰り返したことか…さらに今だに操作でよくわかんないとこもある( ̄○ ̄;)途中からはケータイでとることに☆うまく撮れました(^∀^)ノ最初からケータイで撮っておけばよかった…(ρ_;)
私の幼なじみは明日、新婚旅行でイタリアへ!帰国後はすぐ新居のある山形県へ… 近くに住んでたのになんか寂しいですp(´⌒`q)
写真はテーブルの真ん中に飾ってあってとっても可愛かったので撮ってきましたぁ!(b^ー°)
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 吉田店店長

何もいらない!

5月27日(土)

夕方メールが入り何気に見てみると、東京で暮らす旧友からであった!
「今、吉田にいます!何も予定がなければ今夜どう?」

思いがけない事実に驚きと喜びをこめて返信
「何も予定なし!我が家にて待つ!」

本人の帰郷の理由や予定は全く解らないが、連絡をくれたことが何よりであり、午後8時から再会を祝しての乾杯となった。

約半年ぶりの再会なので、お互いのそれまでの事を語り合い。時間と酒量と共に人生の話に変わっていく!(いつでもそのパターン)

お互いが言葉も内容も選ぶ事無く、友達としてだけで悪態をついたりつかれたり、何の遠慮もない会話が繰り広げられる。
言う方も言われる方も勇気や覚悟の必要はなく、会話の中身を真剣に見つめてひたすら語り合う!(酒のペースだけは大きな差がでるが・・・)

「たまにはいいね、言葉も立場も無い関係で過ごすひと時は・・・」
「そうだな!東京では、こういう時間は無いんだよな、田舎の良い所だな!」

いつもならビールを2〜3本も飲めば焼酎に切り替える私ではあるが、今夜は旧友のペース・種類に圧倒されたのか最後までビールを飲み続け

「おい!いつ吉田(燕市)に帰ってくるの?」

言ってはいけない!聞いてはいけない!言葉が最後に出てしまう。

夢は叶わなくとも持つべき!しかし夢の内容によっては場所や環境が重要になる事も多く、彼は夢を叶える為に東京にいる・・・
夢を追いかけて20年が過ぎようとする。
いつか叶えて欲しい理想主義と、次の夢に切り替えないかという現実主義が葛藤し、いつも言い合いに近い話にはなるが、結果としてお互いが同じ2つを同じ重さで感じている事に気がついている・・・

「がんばれよ!」
昔は声にして声援を送っていたが、最近は心の中で叫んでいる!

彼と過ごす時間には、十分過ぎる理解と納得があるゆえに、社交辞令を取り払った「何もいらない」時間がお互いを更に刺激し激励している。

そのために必要なのは、会える時間と酒のみ
(女房の理解が何よりも必要!女房も彼を応援している)

缶ビール350ml    3本
日本酒          1合
JINRO(残酒)ロック 1杯
米焼酎(残酒)ロック   2杯
芋焼酎(残酒)小水    6杯

まだまだ飲める!と豪語しながらも、見送る彼の自転車のライトは一瞬で右に左に180度も光を照らしながら、結果的に直線の道路を真っ直ぐに走っていった。
家路に着くまでに4回右左折をすればよいのだが、今夜の彼は何百回もハンドルを右左に切りながらたどり着く事だろう・・・
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社長のひとりごと

新しい楽しみ!

5月26日(金)

先日来社された当社のホームページを作成してくれているHさんに新たな楽しいサイトを教えていただき、早速登録し様子を見てみた!

仕組みもルールもまだ良くわかっていないので詳細は控えるが、雰囲気的にはとても楽しそうだし、使い方によっては楽しさを卓越した利用方法もあるなと感じた。

しかし時代の流れと便利な機器の発達により、時間に対しての概念がどんどん変わりつつある、本来であれば人対人の付き合いには双方向の話題・時間・性格などの多くの一致があって付き合いが成り立つし、本などの刺激物には出合うタイミングや購入・読む時間等の費やすものが当然あって知識や刺激を受けている。

そんな常識を覆しているのがパソコンであり、インターネットの世界である、相手の事情や時間を経費をほとんど無に近い状況で、興味と費やす時間さえあれば何でも手に入る?世界である。

今日教えてもらったサイトも、今までは知らない世界であり興味もある、という事はその世界を堪能・満喫するにはそれなりの時間を費やさなければならなくなる・
自分の欲求や興味を満たすには必然として当たり前ではあるのだが、その分が1日24時間の中に入り込み、何かを削減するか寝る時間を短くするかの択一的や状況になってしまう。

今日のサイトを理解するための時間と、理解してからの更なる時間は、今の私には十分必要であるが、間違いなく睡眠時間が減る事になるだろう!

上手に環境と時間のバランスを取りながら、新しい楽しみにチャレンジしていきたい!

いかがわしいサイトではありませんので、お間違えなく!
(一部、地元のTさん・Mさんは何の事か承知されてます)
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月26日

パソコン(素人編)

5月25日(木)

ホームページのリニューアルを図る事になり、担当のHさんが訪ねてくれた。

この世界だけは老いも若きも関係なく、興味を持って取り組んだものだけが習得している技術であり、専門家もいれば個人で何でもこなしてしまう人も多くいる。

私自身は「持っていると格好いい」位の感覚で10年ほど前に購入したが、何をするでも無く何が出来るも知らず数ヶ月が過ぎていた。(当初した事といえばゲームくらい・・・)

知人に詳しい人がいて
「パソコンって何が出来るの?」

「何がしたいんですか?ワープロとか使った事あります?インターネットに興味あります?」

「その何ががわかんないんです!ワープロは使った事ありますよ!インターネットは興味あるけど、それこそ怖いような気さえして・・・」

「まずは何でもいいからワープロ感覚で字を打ちましょう!手紙でも仕事のことでも・・・ネットは怖いものじゃないですよ!使い方さえちゃんとしていれば・・・」

しばらく言葉のやり取りをし、

「相田さん、極端に言うとパソコンは相田さんが頭の中で望んだ事は全て出来る機械だと思ってください。失礼な言い方ですが、相田さんの脳みその何百倍も優れた機械ですから、相田さんがああしたい・こうしたいと思う事は全部出来ると思ってパソコンに委ねてみてください。後は相田さんの努力次第です」

正直言って解りやすかった。
かといって教室に通うでもなく、説明書を最初からひも解くでもなく、とにかく必要と思いつくだけを実践していったが、未だに素人である。

ホームページの説明をパソコンを見ながらしていたのだが、
「えっ!Hさん今何したの?普通に日本語打っていたのに、入力を変えないのに半角英数に変わったね!何で?」

「えっ!何でといわれても、これのことですか?」

F10のボタンを指差して言う。

隣で見聞きしていたわが社のスタッフSは笑っていう。
「社長、それは基本的なことですよ!他にもF6・F7・F8・F9とありますけど・・・」

「俺さあー何でだか知らないんだけどF7だけは知っていて、それだけは昔から多用していたんだー」

若干呆れ顔のみんな!

「ところで会社のブログの写真なんだけど、サイズがいまいち変なんだけど、どうやったらみんなみたいなサイズに出来るの?」

「それこそ「朱鷺市」のブログに丸山さんが入れているじゃないですか!見てませんか?」

パソコン達人への道でしょ!見たけどあれは朱鷺市専用でしょ?うちのには通用しないんじゃないの?」

「そんなこと無いですよ!僕も朱鷺市のブログでみて使ってますし、何よりも丸山さんの解説と図がとても解りやすいので、知り合いにも紹介してますよ!」

「そうなの?丸山さんは本当に凄いよ!そうかあれで出来るんだ!早速今夜にでもやってみます」

という事で、早速「朱鷺市ブログ」を見ながら手順通りに進めてみる。
Hさんの言うとおり、とても解りやすく私にでも簡単に出来た。

こうやればいいのかな?

ニル

少し心配は残るが、やり方はわかったので今後試しながらやっていく事にしよう!

ホームページの本題も話し終え、
「いやー今日は色々と勉強になりました!またお願いします」
「それではホームページに載せる写真の件はお願いします」

Hさんが帰られた後、早速覚えたばかりのF10を使いながら今夜の写真サイズ変更に闘志を燃やしていた!

灯台下暗しとはこの事で、Hさんいわく
「朱鷺市には色々なスペシャリストが沢山おられて、他には無い魅力や情報・人材・技術が満載しています。もっともっと活用していけば素晴らしいサイトになりますよ!」

「朱鷺市」の新たな魅力に気づかされた・・・
私も何かお役に立てるようにがんばります!

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 13:34 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

天神まつり

5月24日(水)

楽しいことがあるとなると、朝から機嫌も良く朝食も残さず食べ軽快に保育園に向かう3男!

年少組とはいえ、彼らにも仲間同士の会話がちゃんとあるようで、2〜3日前から
「きょう、てんじんまつり?まだ?」

こちらから話を出す前から「天神祭り」の事を聞いてくる。
「○○ちゃんはパパとママと行くんだって」
「○○クンはお兄ちゃんも一緒だって」

3男はなんて話したのだろうか?

例年「天神まつり」は天気が悪く、雨に打たれながら夜店を見て歩く記憶が多い。
どんよりとしているが今年はどうやら大丈夫そう!
夕方には日中の暖かさが一転し急に肌寒くなってきた。

「ねえ、まだいかないの?はやくいこうよ!」
急かす3男ではあるが、必ず行けると確信があるのか、
「もう少ししたら」
と言えばすぐに納得してくれる。

駅前に渡る鉄橋?を渡れば、さほど遠い距離ではないのだが、帰りの手荷物の事と3男の体力を考え、今年も車で出かける事にした。

先に花や植木の店をみてから、お目当ての夜店ツアーに突入したのだが、
「昔はもっと人も店も多かったよな?」
父ちゃんに連れてきてもらった頃だから小学4・5年だったと思うけど、あまりの人の多さに普段は手など繋いだ事の無い関係が、必死に手を握って人ごみに押しつぶされながら歩いた記憶を毎年のように思い出す。

その後は日中、自転車で行けたし、中学に入ってからは友達と夜店を満喫していたので、父ちゃんとの「天神まつり」の思い出はそれしかない。

子供はみんなそうだろうが、しっかりと握っていた手も、父ちゃんが盆栽?庭木?に見入っているときは退屈で余所見をしたり気持ちが他所に行ったりで、一瞬離れた手を握り直して数秒後見上げると、その手は父ちゃんの手では無かった。違う手の人も自分の子供の手を握っていたようで、お互いが同じ瞬間に間違えていた事に驚きと恥ずかしさを感じた時でもあった。(あのまま間違えたままで、俺は知らない人の手を握りながら、知らない世界に連れて行かれたのでは?と子供ながらに想像してしまい、恐怖にかられた思いも未だに記憶にある)
その後は父ちゃんの手を見つけて握った手は決して離さなかった。

3男は見始めの緊張とまだまだ様子が解らない中で、花・植木を見ている間はおとなしく手も離さず良い子にしていたが、その後の賑やかやワクワクゾーンに入ってからは、
「あれは何?子供の?食べれる?買う?」
目に入る物全てに興味があり質問を繰り返していた。

一番最初に買った「トーマス」のお面が相当気に入ったようで、神社のお参りの生き返りも何も問題は無く
「それなりに大人になったんだな!」
と感心していたのだが、その先で「輪投げ」「射的」「ダーツ」を初体験し口に入る物を買い終えたとたん
「あれも欲しい!これも欲しい!」
と帰りを予感した3男はわがままを言い出し、泣いたりわめいたりと駄々をこね、終いには首につけていた「トーマス」のお面まで抛り投げていた。

「そんな悪い子は、もうお祭りには連れてこれないよ!」

「次もある」を考える能力が身についたのか、ピタッと大人しくなった3男は来た道を良い子に手を繋いで戻った。

最後に目に付けていたバラの苗木を買おうと決めていた女房は、目的の店に着くなり
「無い!誰かに買われた!」
「ほらみろ!だから先に買っておけば良いのに!」
「だって、私はツルの方が良かったし・・・」

毎年、「天神まつり」でバラの苗木を買って帰るのが恒例なのだが、引っ越した時に以前のバラは持ってこなくて庭には去年の1本があるだけ。
「アーチを作って枝を這わせて」
構想を練るのは女房だが、実際に行うのは私!
去年のバラ(ツル)に悪戦苦闘させられた私は、ツルではないバラが欲しかった。
二人とも一目見て気に入った白いバラがあった、それはツルではないバラ(私は大いに気に入っていた)

「無いんならしょうがないね!他に気に入ったの無いんだろ?」
「無いのは残念だけど、私が一番気に入ったのは、アレなの!」
指差す先には白いバラが咲いていて、枝に品名の札が下げてある。
「新雪・ツル」

「ツルじゃんか!」
「・・・」

「これは新種のバラで珍しいですよ!素敵なアーチが出来ますよ!」
女房と下打ち合わせでもしたのか、絶妙なタイミングでお店の父ちゃんが入ってくる。
「えっ!新種?珍しい?素敵なアーチ?」
セリフのような言葉を発する女房!

「はいはい!新種ね!素敵なアーチ作るよ!おじさん、これください!」
素敵なアーチに新種の白いバラを沢山咲かせた、我が家の純和風庭?をご期待ください!

今年の私の「天神まつり」
・3男の食べ残しの甘栗 5粒程
・3男の食べ残しのおでん さつま揚げ・こんにゃく
・ポッポ焼き 5本程
・焼きそば 
・射的で取った「グリコ」ではなく「ゼリコ」のキャラメル1個(マズイ)

「楽しかったね!また行こうね!」
3男の言葉と表情に、来年が楽しみに変わった!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月25日

燕市PTA連絡協議会 発足!

5月23日(火)

待ちに待った新「燕市PTA連絡協議会」の総会・発足式が本日行われた。

3月の市町合併に合わせてPTAも合体しようと、去年の冬から幾度も会議・協議を重ねてきて、いくつかの問題点は残ったものの新しく立ち上げるには相当のスタイルになり、全ての小・中学校の総会が終わるのを待ち、本日盛大に行われた。

評議員会を開き、その後引き続き総会を行い、全ての協議内容を承認いただいた事で、私のPTAとしての立場は全て終了となった!

「いやー何とか無事にここまできましたね!」
「ご苦労様!これで安心して飲めますね!」
「お疲れ様でした!良かったですね?」
「達成感あるねー!うんうん!」

「乾杯!」

総会の立ち上げに関わってきた1市2町1村の4人の旧PTA連絡協議会会長は、安堵の表情をこみ上げながら乾杯でのグラスを高らかに鳴らしあい、今までの苦労話?を振り返りながら、一気に規模の大きくなった市P連の関係者を見渡していた。

私を含めた4人以外は年度変わりと共に会長職を降りるという稀にみる事態が重なり、暫定的に会長が決まるまでの間は、まだ見ぬ新会長さんたちを期待しながらも全くの初めてが負担にならぬようにと用心深く進めていた。

春と共に各小中学校の新会長が決まり、設立準備委員会に顔を出されるようになったのだが、それぞれが自分の学校での会長職に戸惑いを抱いている時期に、いきなり市P連の役員と決まってしまっているのだから、様子どころか前向きに考えることすら出来ない状況からの顔あわせとなった。

時間と内容が進むに連れて、新役員さんたちにも発言や協力の意思が見え始め、スッタモンダも幾度と無く合ったのだが、任せるだけの私達の立場と任せられる新役員さんたちとの立場では当然のことなので仕方なかった・・・

総会での役員承認を終え、その後の実務・進行と発足式の取り仕切りは全てが新役員さんが行ったのだが、
「何も心配いらないくらい、皆さん立派ですね!」
「これなら全然大丈夫です」

どこにも不安など感じられない、堂々とした新役員さんがそこに存在していた。

「たった1年や2年早く経験したから様子が何となく解るだけで、年齢的にも保護者としても同レベル?なのだから、少し関わればこうなるのも当然」
と感じながら新たな期待を抱きながら、肩の荷を降ろした我々はしたたかに酔っ払っていった!

旧燕市P連の会長に
「慰労会やりましょう!」
と誘われ近くの居酒屋に場所を変え、達成感の話に花を咲かせるのと思いきや
「相田さん、俺はまだやり残した事がある!」
「あれだけは新役員さんが負担なのであれば、自分達で全てまかなって負担をかけないようにするから、提案する事は出来ないだろうか?というより提案できるように協力してくれ!」

やり取りから内容まで理解していた事だし、Tさんが納得していないのも承知していた。
旧体制と新体制の差が出来てしまうことも最初から解っていた事ではあったが、流れと共に新体制の流れが強くなった事で、旧体制が遥かかなたまで押し流されてしまったのだ。

「Tさんの思いも解るし、それがどれだけの意味を持つかも良く解ります!しかしそれは経験のあるTさんたちだから可能なことで、全く経験の無い新役員さんたちは可能な事を実現させるだけでも精一杯ですよ!彼らだって立場があるから無理して失敗っていう訳にはいかないでしょう!それにTさんたちが全面的に協力するって話も彼らは理解してなかったですよ!」

「だから提案したいんだけど・・・」

今までの旧市町村では、それぞれの中にPTAとして重要とされてきた行事や形があり、それが新市PTAとなることで継続しない行事などが多くあり、Tさんはその中の一つを何としても継続したかったのだ。それを継続する為にも最初から頑張ってきたのだが、あまりにも思いが強すぎてむしろ仇になってしまったのだが・・・

話しを繰り返しながらもTさんの熱い思いはどんどん上昇し、言っている事は充分に理解できている。
「あーこの人は、やっぱりPTA会長だ!こういう人ばかりが会長ならいいんだけど・・・」

場所はラーメン屋へと変わり、グラスを端に持ち替えて
「相田さん、お願いね!」
丼に頭が浸かりそうな位、虚ろになっているTさん
「実現は約束できないけど、内容を理解してもらえるように話はしてみます、まずはそこから始めないとだし、今話さないと来年ではもっと難題として取り上げられるでしょうから」(既に何回も言ってはいるのだが、思いの強い人はクドイ!私もそうだから良く解る)

「ありがと!頼むね!これ入れると美味しいよ!」

薄れた意識のTさんを自宅前に送り、今日までの達成感に浸りながら、新たな使命感を胸に抱き代行の運転する車に乗り込んだ。

「お客さん!みそラーメンにニンニクがっちり入れてきたね!」
「やっぱり臭います?」
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月24日

感謝

先日のリニューアルをきっかけに今までデカデカと張っていた窓の張り紙をやめて
店内がよく見えるような形にし、上下一列の張り紙だけにしていますが、
その張り紙を見て来店された方が本日いらっしゃいました。

6時過ぎの来店でしたので店頭に置いていない商品は取り寄せになる為、明日のお渡しになるのですが
「大丈夫です。今日中に用意しますよ(^^)v」とお伝えし、
「ちょっと、考えます。」と
一旦帰られました。その後すぐに取引先のドコモまで商品を取りに行き店に戻ると
バイトのスタッフが「先ほどのお客様から電話があり閉店時間に間に合わないのからとおっしゃいましたが、大丈夫です。お店開けてまってますから」とお伝えしました。との事。。。
30分程でお客様がご来店され、実は他のお店に見に行っていたがそこには在庫がなく予約をしてきて、うちのお店にはキャンセルの電話をするつもりだったんだけど
電話にでた子が大丈夫です。待ってます。と言ってくれたから来ました。と。。。
申し込み書を記入いていただいて、確認でお待ちの間に
「このお店のスタッフはみんな明るいね!とても話しやすくていいわ!」とお褒めを頂きました。「くだけて話してくれるから、わからない事もすんなり聞きやすいし」と。
とてもありがたい言葉で胸が熱くなりました。お勤め先が西川でお住まいは東新潟の方でした。たまたま西川店の前を通り窓の張り紙を見て入ってみようと思ったと
おっしゃってました。
帰りがけにも「友達にも伝えるから!!」と言ってくださり本当に『感謝』の一言です。
バイトのK村ちゃんの「大丈夫ですよ。待ってます。」の一言にも『感謝』です。
これからもお客様の立場になって日々の接客をしていきたいです。
悩んで凹んでいた日々が続いてましたが、今日の出来事で元気になりました。
お客様、K村ちゃんありがとうございました。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西川店店長
2006年05月23日

西蒲・燕法人会 吉田地区総会

5月22日(月)

西蒲・燕法人会の吉田地区総会が行われた。
当初は欠席の予定?でいたのだが、再度のお誘いFAXの添文に心動かされ?参加する事にした。
会としての活動は年に1度の講演・研修があるだけで、私にとっては他の会員さんの事や、昨年度の総会・懇親会での記憶がほとんど無かった。

添文の内容は「法人会」総会の内容や定数集めの文面では無く、事務局担当の方より
「法人会吉田地区会長のHさんが相田さんは来られないかな?と気にされておりましたので再度お誘いのFAXをさせていただきました・・・」
という内容で、会長個人名と私個人を入れた文面に主旨は理解できないまでも、参加の必要性を強く感じられる文面であった。

とは言うものの、やはり気乗りしないまま仕度を整え会場に向かったのは本音なのだが、受付をし総会会場に入ると既に20人以上の会員さんが集まっていた。
見渡すとそこには、見慣れた(失礼)顔見知りの地元重鎮の顔ぶれが並んでいる。

居並ぶ顔ぶれを確認しながら
「そういえばそうだった!この方々がおられる会だった。」
それが解ってしまえば、むしろ
「やっぱり参加して良かった!」
と瞬時に気持ちが切り替わり、席の近くの方々にご挨拶をしながら、
「今夜も色々と為になる話や意義のある時間を過ごせるな!」
期待感と心地よい気持ちの中で吉田地区会長の挨拶で総会は始まった。

会長の挨拶の中に
「法人会・吉田地区そのものは年に1度の事業しかしていないのが実態ではありますが、狭い地区ゆえに顔見知りの方々が多いかと思います。様々な会や集まりの中の一つとして今夜の総会も吉田地区を活性化させるための情報交換の場として思っていただければ収穫も多いかと思います。また、西蒲・燕の中でも吉田地区はごらんのように若い経営者の参加も圧倒的に多く、それも吉田地区の特色でもあります。吉田地区はそれだけ面倒見が良く人柄の良い会員さん方がおられる証拠でもありますので、色々な意味で役にたつ集まりであって欲しいと思います・・・」

頷きながら会長の話しを聞いていて全てが明確になった!

その後の懇親会で会長に確認したのだが、やっぱりそうだった。
他の地区での参加年齢層を事を知っており、尚且つ吉田地区の特色を絶やす事の無いようにと考えて、老若男女を取り揃えての総会を実行したのだった。

総会・講演・研修と人を集める行事はとかく参加人員が重要視され、参加者の年齢や繋がりはあまり気にしない事が通例であるのに、会長と事務局担当者は顔や年齢・つながりを考えて何度もお誘いをしていたらしい。
中には会長直電の会員さんもおられたそうです。

色々な会や集まりに参加しているのは事実ではあるが、その都度お付き合いが大きく広がったり、考えや人格が変わる事の無い、狭い地区での濃いお付き合いがどれほど自分を刺激し、時間や回数・酒量と共に深まる人間関係と知識・重要度が増ししていく事を実感できる会や集まりだと言う事を改めて実感させられた。

若さゆえに粗相も多い私ではあるが、極めて目くじらを立てるでもなく、別室に呼び出して叱るでもなく、お付き合いの頻度や状況の中で時間をかけてゆっくりと教育してくれる先輩方に、後日、自己反省している自分に気がつき
「あーこれも教育なんだ!考えろ!自分で見つけろ!自分で切り開け!」
そう言うことか・・・と納得している。

懇親会後は2次会に流れ、時の経つのも忘れて酒宴は延々と続いていた。
2次会場をお開きとし、外に出ると数名の先輩の顔
「相田、帰る?ラーメン食べて帰ろう?」
飲み足りな無そうなKさん
「本当にラーメンだけですか?であれば・・・」

ラーメン屋の暖簾をくぐり
「父ちゃん!とりあえずビール3本ね!」
おいおい、いきなりそうきたか!
「あとラーメン2つ!」
えっラーメン2つ?4人いるけどな・・・
「はい、おまち!」
2つのラーメンと一緒に空の丼が2つ!そう言うことか!心得ている!
「あと、ビール3本追加ね!」
おいおい!まだ飲むの!
(その後、もう2本追加した!あの人たちはビールでは酔えず、飲むとすぐに下から出している!まったく切が無い!)

4人で2つのラーメンを分け合い、それ以外の胃袋の隙間に全てビールを流しこんで、ラーメン屋を拠点に放射状に4人は家に向かって歩き出した!


posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月22日

自治会(町内会)バス旅行にて

5月21日(日)

自治会(町内会)のバス旅行があり、私・女房・3男の3人で参加してきた。

下は2歳〜上は70歳代の老若男女約50名が1台のバスに乗り合わせ、子供には「お菓子」の詰め合わせ大人には「おつまみ」が手渡され、目的地である福島県に向けて燕市役所本庁(旧吉田町役場)駐車場から出発した。

ご近所とはいえ、お会いした事の無い方や、初めてお話をする方等も含め、朝から車中は「ビール」を片手に身近な話しを「つまみ」にしながら盛り上がっていた。

自治会館にストックしてあった「ビール」をバスに乗せこむ役を仰せつかり
「お昼は昼食会場でビールを頼むし、バスの中だけならこれだけあれば充分だろう」
と約60本の缶ビールを持ち込んだのだが、予想以上のピッチに少し心配しながら、これも普段は見れない自治会の姿かな?と足らない心配を喜びもしながら、ジャンジャンとビールの空き缶はゴミ袋を一杯にしていった。

最初の目的地は子供達向けにと「猪苗代湖」近くの「牧場」で、「バター作り」を体験した。
少し足場の悪い砂利道を、子供達はワクワクと急ぎ足・老人達は仕方なしを体中から表すかのようにトボトボと後に続く
「おらー年よりは、脂っこいバターなんか食べらんねのー」
年寄り同士の会話がちらほら・・・

用意された場所に案内され、
「ええっ?ここでバター作るの?普通の食堂じゃん!」
ログで作ったテーブルとイスの食堂に、皿1枚・コップ1個が置いてあるだけ。
○○作りと言うと、厨房のような場所を想像していただけに、意外と思いながら店員さんの登場と案内を待つ。

お盆の上に蓋付きのプラスチック瓶を載せた店員さんが登場!
瓶の中には白い牛乳が半分程入っている。(量で150ml位かな?)

「はい!それでは皆さん!これからバターを作っていただきますのでご説明をします!良ーく聞いていてくださいね!」

見渡す限り、そこには大人も子供も真剣な眼差し!当然、私も聞き逃しが無いように真剣!

「容器の中は絞りたての牛乳が入ってます。中身が温まるといけないので蓋の部分を持って5分〜10分程、とにかく振って振って振りまくって下さい!振り方によってバターの出来上がる時間が変わります!」
「牛乳の中の脂肪がぶつかりあって固まってバターになります」
(へー言われてみればそうなんだ!原始的なんだなー)

「それでは、始めてください!」

子供達は当然の様に楽しさを瓶に向ける、老人は振る前から時間の長さを愚痴る。
1分もしないうちに
「あー疲れた!腕が痛い!ねえ?まだまだ?」
気持ちははやるが体力と根気が続かない子供達の姿が一斉に声になる。

そんな様子を見越してか、瞬時に老人達はさっきの愚痴などどこ吹く風で、奮い立ったかの様にまるで子供に戻ったかのように瓶を振り始める!
「駄目らのーそんがんでは・・・」
「いっかー待ってれ!爺ちゃんが美味いバター作ってやるろー」

幾つになっても人は刺激されると元気が出るようで、子供はそんな老人達に刺激されたようで、再び瓶を振りはじめる。

5分・6分・7分、子供と大人の目的が一つになり、ワーワー言いながらも瓶を振る手も休めず時間が経過する
「あー見て!何かバター見たいのが浮いている!」
「ほらほら!出来たきたろ!」

「出来始めた方は蓋を開けて中の牛乳をコップに空けて下さい。残ったバターは皿に出して黒パンに塗って食べて下さい」

出来上がりと食べはじめの声が遅れた者を刺激し、数分後には全員が各々の「手作りバター」を完成させた。

痩せて体力の衰えた手で、子供達に刺激されながらも頑張って作ったバターは、老人達にも喜びは大きかったようで、全員が脂っこい製品を全て完食してしまった。

たかが「バター」と侮っていたが、普段当たり前の様に口にしているバターと言えども、自分で苦労して作ったという過程が老人達の食欲まで増進させ、達成感までもが溢れていた「手作りバター」体験だった。

バターを取り除いた後の「汁」は「低脂肪牛乳」に姿を変え、バターを塗ったパンとのドリンクになった。

「結構な量のバターを食べたようだけど、結局は最初の150mlの牛乳を摂取しただけなんだよな?」
何となく納得できない体験でもあった!

その後は昼食会場となるホテルで老人達に満喫していただくために、充分な時間をとりホテル自慢の温泉につかり火照った体に冷たいビールを流し込みながら、福島弁の仲居さんを相手に吉田弁丸出しで昼食をいただいた。

帰りの時間の調整もあり、昼食後はお決まりの「野口英世記念館」と「世界のガラス館」を見て時間通りに地元「日之出町」に無事帰ってきた。

年に1度の自治会バス旅行に参加できる方のみではあるが、同じバスに乗り・同じ観光をし1日を過ごした事で連帯感は高まり、本来の自治会の目的は達成され、事の必要性を充分に感じられた行事であった。

解散するとすぐに次男の部活での保護者会が行われていたので、自治会の顔(観光者)を保護者の顔に切り替え、遅れながらであったが同じ目的をもつ保護者会に参加してきた。

今日は1日、朝からずぅーっと「ビール」飲んでた!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

人間関係

昨日のブログを見ながら、カツオ喜んでいるだろうな!と思い下2人の運動会が終わってから店に行きました(^_^)v
昨日の動きよりパワーアップした『ウシ』が出迎えてくれ、暑い中あちこちに動きまわり今日も西川店名物の『ウシ』が健在でした。少しの間一緒に外で旗振りをし、店内が混み合って来たので接客にまわり、一息ついたとき
「昨日のブログ見た?」とカツオに聞いたら「見ましたよ!すごいうれしかった!」と満面の笑みで話してくれました。
おかげさまで私は仕事面で人の巡り合わせがよく、いいスタッフと仕事をしています。今までも、そしてこれからも…V(^-^)V
今日は、バイトの子達で店を任せていましたが、そのバイトの子達がとてもいい子達でして、うちの子供と年も変わらないのでかわいくて、かわいくてo(^-^)o
ときたま目を細めて見ています。
人間関係がいいというのは素晴らしい事です。まわりのスタッフに助けられ、今の西川店があるんだなっと新ためて実感しました。
当然、自分1人では生きていけるわけがなく、(昔は1人で生きていけると思っていたが)いろんな人に助けられ支えられて今の私が存在しているんです。そんな事を考えながらブログ書いてます。
カツオやk村ちゃん、k林さんと若いスタッフと共に私もまた誰かの支えになれる人間でありたいと思います。
お客様へ
是非とも人間味あふれるピーズへお越し下さい。時に至らない点が御座いましたらなんなりとお申し出下さい。
ピーズ全店、皆様のご来店を心よりお待ちしております。そして、ピーズ西川店毎週末には元気な『ウシ』がスタッフと共にお待ちしております(*‘‐^)-☆
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西川店店長
2006年05月20日

ニューヒーロー誕生!

5月20日(土)

マフラーに穴が空き騒音を立てる理由と、使用目的が無くなった事で置き去りにされていた軽自動車を簡易修理を施し営業車として使用する目的で、西川店に修理をかねて取りにいった。

週末ということで店先では「ウシ」の気ぐるみが通行中の車に手を振ったり、踊ったりのパフォーマンスを行っていた。

「あの背の高さと体の細さからすると「カツオ」だな!」

駐車場に車を停め、「ウシ」に声をかける。
やっぱり「カツオ」だった。

2月頃からバイトできてくれている、高校3年生の男の子。
今時の高校生には珍しく?行儀も良く利発そうでイケメンの「カツオ」
苗字が「サザエさん」の「カツオ」と同じという理由だけで、バイトに来た当初から社内で「カツオ」と呼んでいたのだが、習慣とは恐ろしいもので気が付くと私も含めて全員が本人に対して「カツオ」と呼ぶようになってしまった。

「おいおい、本人に「カツオ」は失礼だろ?」
「えっ、良く言われるらしく慣れているそうです」
「そう・・・じゃあ「カツオ」で決まりだね!」

社会経験の無い彼にとって、仕事や先輩等の環境がどのように見え感じるのか、また教育として備わっているのか、勤務中はおとなしく控えめにしている姿が印象的な「カツオ」

そんな「カツオ」君の「ウシ」はどんなかな?と気にしてみていたが
「ええっ!あれ本当に中身は「カツオ」?」
と思わせる派手な身振り手振り!

道行く車の人たちも手を振り返してくれたり、携帯で写真を撮ったりと受けがいい!
中学生位の女の子が後部座席に3人乗っていた車は身を乗り出して「キャーキャー」言いながら「ウシ」(カツオ)に手を振っている。
「ウシ」に手を振りながら当店を目指してくる車に惹かれそうになっている「カツオ」(視界の悪さと、まさかここに?がそうさせたようだ)

そういえば「カツオ」はダンスが大好きで友達と踊っているらしく、それだけでは物足りず近くの大学に行って大学生と一緒に踊っているらしい。
店内では控えめな性格も、踊る・見せる・見られる・反応があるという事には「カツオ」の本来の性格が大爆発したようだ!

私も気ぐるみに入った事はあるが
「動きが小さい・リズムが悪い・恥じらいが感じられる」
と自分ではいい線いってる?と思っていても、端から見たらまるでなっちゃいないらしい!
いくら顔が見えないといっても、意外と恥ずかしいものですよ!
あの年齢で、あの環境で、あの演出の出来る「カツオ」は素晴らしい!羨ましい!

仕事の事は教えるばかりの立場であったが、「ウシ」の演出に関しては「カツオ」に教えられたようだ!今まで何人もの「ウシ」「パンダ」を見てきたが、「カツオ」に勝る「ウシ」「パンダ」はいなかった!

考えようによっては、とんでもない逸材にバイトで来てもらっているのかな?と思い、折角だからバイトに来る日は毎日でも「ウシ」になってもらおうかな?とまで考えさせられた。他の店にも出張してもらったり・・・

あの様子だと、そのうち名物として取り上げられたりして町の人気者になっちゃうかも!
だって「ウシ」を取った顔もイケメンだし、スタイルも抜群だし!

「カツオ」
ご苦労様!明日もお願いします!
今度は、決めのポーズとか得意な曲にあわせての全フリを時間決めて披露しようよ!イッツ・ショータイム!
サインの練習も忘れないでね・・・

皆さん!
一度、我が社の「ウシ・カツオ」を見にきてください!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 22:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

久しぶり!!

18日に半年?ぶりにアルタ新潟店に行って来ましたブティックAN○Pの店の前を歩いてると店員さんと目が合った瞬間・お互いに ん???成人式以来にあう同級生でしたわーい(嬉しい顔)前はラフォーレの中にある洋服屋さんの店長をしていたが2年前からアルタに移ったとの事で・・結婚は〜?だの、誰と遊んでるの〜??など騒いでたら友達を見失い『また来るねるんるん』と言い残し友達と合流し目当てのセ○ルへ揺れるハート雑誌で見て絶対に買うexclamation×2と決めていた服が無い・・・探しても無い・・・テンション高めだったのにだんだん凹んできた時・何か声をかけられている様な??またん??と思ったらカナリ前から仲良くなった店員さんでしたわーい(嬉しい顔)またまた久しぶり〜exclamation『凄い久しぶりだね!嬉しくて涙出てきそ〜』と言われつつ、なんだかんだ言いながら上下にベルトを買い満足満足黒ハート本当は他のお店にも高校の同級生が働いているので会って来ようと思っていたが時間も無く、残念。。。夜からよく行く居酒屋の友達の誕生日パーティがあったのでケーキを持参し宴会?スタートバースデー仲良し女3人+常連のお客さんで飲みまくり、ものの30分でワイン2本を飲み干し、焼酎ボトルを空け、酒豪のお前達には着いていけないふらふら何でそんなにテンション高いんだ?と言われながらいつの間にか朝4時になていましたあせあせ(飛び散る汗)本当に楽しい楽しい日でしたわーい(嬉しい顔)
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 県央店店長

イメージチェンジ

5月19日(金)

髪が長いと重みで頭の上のボリュームが無くなりペチャンコになっている
「まるで五輪真弓みたいでしょ?」
髪が長いと重みで肩が凝る
「首も痛いし頭も痛い!解る?」

「全然、五輪真弓みたいじゃないし、肩こりや首・頭が痛くなるほど重くないだろうし、痛みは髪の長さと関係ないんじゃない? で? 美容院ですか? 短くするんですか?」

「そうね、思い切って短くしようかな!」

支離滅裂のようでお互いは意味を理解している会話をやり取りし、女房は美容院に出かけていった。

「思ったより切りすぎた!伸びるのにどれ位かかるかな?」
切ったことを後悔するかのセリフを連発して美容院から帰ってくるものと思いきや、今回は満足しているらしく後悔らしいセリフは出てこない。

「どう?似合う?若返った?可愛い?上品に見える?知的に見える?」

「うんうん!似合っている!少し(一瞬)若返って見える!可愛くも見えるかな!上品?知的?それは別だろ・・・」
(十分に褒めているのに本人は不服らしく、何度も最後の2つを聞き返す)

「いいね!俺も短くしようかな?永ちゃんカットにでも・・・」
「・・・してみれば!勇気があったら」
「やっぱ、今度にしよう」
(そういい続けて何年が経つだろう)

なんにせよ女房は気に入っているようだし、私も不服は無い。
丁度良い気分転換になったのだろう、機嫌が良い女房が存在する事は家族も気持ちいが良い(私が良く言われるセリフでもある、苦虫つぶしたような顔をしている時)

機嫌の良いところでチャンスと思い
「ジーパン穴空いてるんだけど、新しいの欲しい」
「穴って自分でダメージとか言って空けたんでしょ?」
「違う!空いたの!」

最近はダメージ(穴・スレ)のあるジーンズ(ジーパン)が流行っているらしく、最初からボロボロで売っている。それがまた高い!
長男もあちこちに白い糸が出た穴の一歩手前のようなジーンズを自慢げに履いていて、そんなにダメージが良いのかと
「俺のジーパンなんか股の所にいい感じのダメージがあるぞ!」
「お父さんのは、股ズレでなったんじゃんか!」
「正解!その通り!」

早速ジーンズ売り場であれこれと品定めをしていると
「これなんか最近流行りですよ!売れてますよ!履いてみますか?」
店員さんの攻撃が始まる。

気になっていたブランドのジーンズを手にし試着してみる。
この半年ほどで3キロほど太った事もあり、今までよりサイズを一つ大きいのを試着したのだが、何かが違う!上げても上げてもしっくりとこない!おまけにパンツがはみ出てる!
「履いたけど、どう?」
カーテンを開けると、そこには女房はおらず店員さんがいた。
「とってもお似合いですよ!ラインも素敵です!」
「そう?股上浅くて違和感あるしパンツ出てるし、中年が無理してるって感じじゃない?」
「そんな事無いですよ!よく履きこなしていますよ!」

褒められ上手で無い私は、だんだんその気になってくる!

「なにそれ!全然似合ってない!おかしい!中年が目一杯無理してるって感じ!」

おいおい、お前はどこにいってたの?まるで今の会話を聞いていたかのように
「でしょう!女房の言う通りだと思うし、俺もそう思うよ!だからこれはやめますね!」

間違いの無い選択をする専属スタイリストの発言に、店員さんは一言も返すことなく、その後の品定めを女房に任せてくれたようだ。

いくつかのジーンズを手にしては
「これ2万8千円もするの?安いのでいいよ!ラッパは駄目だぞ!黒いのも嫌!生地がゴワゴワしてる!」
と難癖をつけながら一向に従わない私。

「もう、自分で好きなのに決めて」
「おう、じゃあこれにする」(即決)
「新(長男)と同じのじゃんか」

対抗意識でも無く、中年が無理をしているでも無く、長男がジーンズを買ったときから羨ましく思っていた私は、ボタンフライだけは除いて水色に近い程に色落ちして、あちこちがスレている同形のジーンズを我が物とし、少しだけイメージチェンジを図る事にした。

その後、女房は自分の服を見に行き、私は外でタバコを吸っていた。
数分後に手ぶらで歩いてきた女房を、髪を切った事を瞬間忘れていた私は
「あんまり若気で上品なお姉さんだったから、お前じゃないと思った」

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

吉田異業種交流会・例会

5月18日(木)

吉田異業種交流会での5月例会に参加してきた。
この会の例会は昼食を食べながら始める会で、私は例会に参加する日は朝から昼食が楽しみで仕方ない!

料理自体も美味しいのだが、会員のMさんからの差し入れの「お漬物」が楽しみの一つでもある。
毎回といわれる位、その時季の野菜を漬け込み
「えっ!こんな野菜も漬物になるの?」
と思うような珍品までお目にかかれ、漬け具合と味付けが田舎者の私には丁度良い!
参加会員12〜3人で大きなタッパに入った漬物を回して頂くのだが、今時ではそんな光景も珍しく、懐かしさと古き良き時代を未だに体験させていただいている。

昼食の時間はフリートークで過ごすのだが、会員さんの中での日常の話題や地域のニュース等が飛び交い、井戸端会議的な感じていて内容の濃い話を聞く事も出来る。

今日の例会テーマは「人材育成を考える」で会員さんであるT先生に講義をしていただき、実践からのリアルな内容と解りやすい穏やかな口調で話すT先生に
「いいな、あんな感じって!人間の器の大きさかな?余裕があるよな!」
等とテーマの内容もさることながら、世の中に認められる人のオーラを感じさせられた時間であった。

例会のテーマは、経営者にとってはいつでも重要なテーマであり、私にとってもタイミングの合った内容で
「うんうんと、うなづいてはメモを取っていた」

「難しくレベルの高い育成内容では人材は育たない」
「一人一人に合った目的を見つけ、確実な資質の向上であれば1%の向上からでよい」
「仕事や存在に自信を持たせよ」
等の内容から、
「確かにそうだな、まずは簡単な所からやり直してみよう!基本が一番」
と十分に納得の出来る例会だった。

最後に新会長のSさんがご挨拶をされ、
「この会は会員一人一人が楽しめ充実できる会であらねばならず、そのためにはキツイ時や難儀な時もあるかも知れないが、後で全員が良かったと言える会にしていきたいと思います」
といわれた言葉に、
「さすが、Sさん!ちょっと目は強面で難しそうに感じられる所もあるが(失礼)お付き合いをしていけば行くほど、真面目で勉強家で一本気な性格の中に思いやりや優しさと茶目っ気が見え隠れし、何よりも私程度のレベルでは見る事も感じる事も出来ないような先を見据えて考えている事に改めて大きな存在を感じ、ある意味恐怖さえ感じさせられた。(良い意味でです)

S会長
「ジャズと映画とワイン」をこよなく愛する人。(真実)
「浪花節と古典芸能と日本酒」が好きそうに見える。(失礼)
そのぐらい見た目のギャップがあり、それがまた妙に良い(失礼)

最後には己のためであっても、そのためには人のために考え行動・発言し汗を流すSさんは、私にとってはとても解りやすいが、真似るには一朝一夕には難しい・・・

優秀な会長と経験・才能豊かな会員さんたちと関われた事に感謝し、自分の歩幅ではあるが一歩一歩前進して行こうと思いながら例会を終えた。

知ってる人は知っている!知らない人は知らない!

その1 「新潟朱鷺市は吉田異業種交流会が母体として発足したんですよ!」
(私は知識も技術も何も無く、いいね!いいね!やりましょう!と横で賛同していただけです・・・その時もS会長の熱さに共鳴していた)

その2 私がなついて離れないY工業のY社長と出会ったのも、吉田異業種交流会の会員になった事が切欠です。(当時はY社長が会長で、私は会の主旨やY社長の事は何も解らず会の名前に惹かれて会員になっただけだったのだが、大きな宝物(人)を見つける結果となった)

その3 吉田異業種交流会は現在でも会員募集を行っておりますので、向上意欲が旺盛で人間(異業種)が大好きな方は大歓迎ですので、奮ってご参加ください。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年05月19日

誕生日おめでとう♪

明日(日付がかわったので今日ですね(^O^))は、末の娘の誕生日です(^o^)/
ついこの間まで赤ちゃんと思っていた娘も、10才になります。子供の成長はほんと早いですねo(^-^)o仕事が終わったら誕生会しようよっと毎日言っています。平日は、長男の空手が毎日あるので迎えに行って家に戻るのは大体夜中になってしまうけど、明日は迎えに行く前にケーキを用意しましょうか(^_^)v
日曜日に運動会があるのでちょうどダンナさんも帰って来てるし、久しぶりにみんなでお祝い出来ます。
真希、誕生日おめでとう♪真希がいるからバランスがとれているんだよ。ママにとってかけがえのない大事な子供だから、これからもよろしくね(*‘‐^)-☆
大好きだよV(^-^)V
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 西川店店長
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。