【新潟・携帯電話・激安のピーズ】ウェブサイトはこちらから

2006年04月30日

模様替え!

4月30日(日)

いきなりなのだが仕事部屋?書斎?引きこもり部屋?パソコン部屋?永ちゃんグッズ置き場?・・・の模様替えを夜決行した!

私がほとんど独占している6畳の和室がある、今もそこでブログを書いている。

いつもどこかで配置が気に入らなく、いつか模様替えをしようと考えていた。
大きな物を隣の和室や廊下に出して、6畳とはいえ広く感じながら配置の思案をする。机やロッカー等を動かす事に対して労力や面倒は感じなかったのだが、パソコンラックを動かす時が一番大変だった。

ラック自体はタイヤが着いていてコロコロと容易く動くのだが、後ろでゴチャゴチャと絡まりあっているコードが厄介者!
1本1本手繰り寄せ、あれやこれやとコンセントから抜く。
それにしても多いコンセント!
パソコン2台・プリンター・FAX・モデム・LAN・ストーブ・CDラジカセ・と何から何まで電気のお世話になっている。

悪戦苦闘の末、コードを元通りに差し終え、新しい部屋の様子が見えてきた。
ある物を利用しての部屋だけに、ミスマッチな雰囲気は仕方ないのだが、以前より広く快適な配置になったことに喜んでいる。

折角なので様々な書類関係も整理し、沢山のゴミ?と共に当時の事を振り返りながら書棚やファイルをシェイプする事が出来た。

テーブルの上も余計な物が無くなり地肌の面積が露出し、これからは快適に仕事やプライベートをこなせそう!(テーブルは以前使用していたダイニングテーブル6人用・椅子はダイニングの椅子)

いつかセンスの良い・格好良い自室が欲しいな!なんて思ってはいるが当分は無理だろう!
狭くてゴチャゴチャと物がある部屋ではあるが、私にはとても居心地の良い部屋であり、今夜は特に気持ちよくBGM(永ちゃん)を流しコーヒーを飲みながらパジャマ姿でブログを書いてます。

さっき女房がやってきて、早速テーブルで保育園の書類を書いて、そのまま置きっ放しにしていきました!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

ご近所のWさん

4月29日(土)

「こんにちは!」
「いらっしゃい!うん?一人?なんで?」

「忍ちゃん!土曜日辺りにやろうか?」
水曜日に近所のWさんが我が家を訊ねた際の一言。
「今日なんだけど6時頃においでよ!」
昼頃に時間の確認の電話が入り、定刻通りにWさん宅を訪ねる。

「えっ!もしかして家族でのお誘いでしたか?」
「当たり前じゃんか!忍ちゃんだけのときはいきなり誘うし、家族の時は事前に誘うんだから、その違いに気づかなかったの?」

言われてみれば確かにそうだ!
そのまま家に引き返し事実を伝え、家族全員でお邪魔した。

豪勢な手料理に遠慮も無く箸を進める食べ盛りの息子達!
勝新太郎がこよなく愛したと言われる京都のすき焼きを再現し、その他も全て奥さんの手料理がテーブルを埋め尽くす。我が家には無いメニューと品数。

次から次へと種類の変わるアルコール!
ビールから始まり、日本酒・スパークリングワイン白・ロゼとボトルを空け、その後の赤ワインは断り、またビールに戻る。
味わいを探求するのも好きなWさん夫妻ではあるが、飲む量も半端じゃない!

グラスの半分も飲めば酔っ払うほどの数年前から比べると、今では一人前の酒飲みになってしまった私!
ここでのカリキュラムが相当の影響があったことに間違いない!

何を食べても美味しいし、何を飲んでも美味しい!
が何故か今夜は酔いも早く、体がだるくつらい。
昨夜の話も既に話してあり
「昨日の疲れじゃない?」
言われてみればその通りだ!
いつもなら日付が変わるのが当たり前なのに今夜は10時にはお暇をしてきた。

いつもご馳走をしていただくばかりで、挙句には頂きっぱなしに帰ってしまう私達。子供達にもいつも配慮を忘れずに、何から何まで用意をしてくれる。

居心地の良いご近所Wさん夫妻には酒だけでなく、色々なカリキュラムが揃っていて、兄貴のようでもあり親父のようでもあり、時々少年のような時もあるご主人、相手の気持ちを全て察している奥さん、その二人に育てられた長女・長男、時間を重ねる度に色んなことを学ばされる事に心から感謝している。

家族ぐるみのお付き合いの出来る事は我が家にとって宝!

ごちそうさまでした!ありがとうございました!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

PTA歓送迎会

4月28日(金)

待ちに待った「PTA総会」がやってきた!

学校の新年度は既に始まっているにも関わらず、約1ヶ月遅れの総会が行われる事で17年度の役員が退任となる。

1年間という期間は短くも長くも感じられる月日で、振り返るととても内容の濃い1年間だった。

今日を境に全ての役務から開放される安堵感と1年間大きな事故や事件も無く無事に務めきれた安堵感が埋め尽くし、その後の歓送迎会では進められるままにグラスを差し出し、2次会・3次会・締めのラーメンまでのフルコースを歩む事になった。

「ご苦労様でした」
「新しい体制で頑張ってください」
等の言葉を交わしながら、参加者は酒量と共に人格も変身し、2次会・3次会では
「あのー何の集まりですか?」
と店に居合わせたお客さんから質問をされるほどの盛り上がりだった!
「こう見えてもPTA関係なんです!見えませんか?」
「うーん、見れと言われれば・・・」

5時半から始まった歓送迎会は家にたどり着いた頃には2時になっており、自分でもビックリする量の酒を飲んだのに意外とシャキットしている自分に驚いた。

何はともあれ、関わった事で多くの体験と多くの学びがあったことは間違いない!

不慣れな私を側面から協力にサポートしてくれた役員・事務局に感謝すると共に、新役員の皆様方の更なる活躍に期待しています。

ありがとうございました!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月28日

リサイクル(ビデオ編)

4月27日(木)

先日、中古CD販売の店で中古の音楽ビデオを買ってきた。

一昔前には市販ビデオ等高価でレンタルで見ることが唯一で、およそ購入してまで見ない見れない物だったのだが、最近ではコンデションの良いビデオが定価を無視して市場の人気割合で安価で販売している。

「永ちゃん」(矢沢永吉)関連のビデオやDVDとなると別で、いち早く欲しいし持っていないことが苦痛に感じるが、それ以外は安ければという事でたまに購入する。

なのでどちらかといえば棚に並ぶビデオをアーティストで探すのでは無く、安い順に眺めているのだが、ふと目に止まったタイトルに「尾崎 豊」の文字
「そういえば歌は何曲か知っているけど、映像は見たことが無いな!」
興味を持って値札シールを見ると「1000円」
「うーん、1000円か!どうしようかな?」
悩んでいながら横に目をやる(目線は値札シール)
「おっ!これは500円!これも尾崎?」

棚のビデオは「あいうえお順」で並んでいたため、良く見ると
「X JAPAN」(エックス・ジャパン)

「なんだーXか!尾崎じゃなかったか・・・ええっ!X JAPAN?」
その昔、何曲か好きな曲がありCD(中古)を買った事もある!
が、決してビジュアルが好きだった訳でも無く、ましてや映像で(テレビ)で見たことも全く無い!(一時期、ギターのHIDEの訃報でHIDEをクローズアップしてワイドショーなどで見た程度)

そういう意味では、尾崎よりXの方が今の私には貴重かな?(価格も)
2つを買う勇気も無く、迷わずX JAPANを購入した。
(レジでX JAPANを買う姿が少し恥ずかしかった)

リビングで見始めると
「なんだー?X JAPAN?好きなの?」
「おう!絵的にじゃなく音楽がな!」
少しずつ音量を上げながら一人ご満悦!
「ねえ、少し音下げて!しかし凄い格好だね!昔は凄い人気だったよね!」
五月蝿いとかセンス悪いとか言いながら、暫しX JAPAN談義が始まる。(ほとんどがワイドショーの受け売り)

途中で長男も参加し、
「この曲なら知ってるだろ?小泉首相も好きだって言ってる!」
「聞いた事ある!うーん、メロディーはいいね!だけど・・・」
ラップ命の長男世代にROCKが分かるはずもないか・・・

「ところでこれ中古?いくらしたの?」
良くぞ聞いてくれた!あのX JAPANのビデオだぞ!掘り出し物だぞ!いいか良く聞け!
「500円!尾崎の1000円と迷ったけど、こっちの方が価値ある!」
「高っけー!尾崎の1000円の方が見たかった!」

「俺なんてこの間、GLAYのビデオ50円で買ってきたよ!見る?」
「ええっ!50円?ビデオが?CDじゃないの?」

正真正銘の掘り出し物「GLAY」50円のビデオをライブの模様と共に金額の安さを堪能させられた。
あいつらは小遣いの少なさと日頃の情報や行動範囲の広さから、私などには理解できない金銭価格と視野を持っている。

「私がこの前もらったCDなんて10円だって!」女房
ビデオもX JAPANからGLAYに変わり、話題も価格に変わってしまった。
が、我が家の夜のひと時は定価で買ったら1万円以上のビデオを550円で2本も見ることが出来、世の中の価格の移り変わりや市場の違いを学ぶ事が出来た。

教育ではないが、我が家は何かとリサイクルが好きで安さと共に宝捜しも楽しんでいる。

余談ではあるが、リサイクルショップでカレッジリングと間違えて買った指輪(数百円)を不要と言う事でyahooオークションに出品(兵庫県から)したところ、20000円で落札されていた。(この指輪はここ何年間でオークションに出品されたのを見たことが無い)
指輪は20年以上前に矢沢クラブ(矢沢永吉)で販売された物で、今ではほとんど現存していないレア物!(ファンは古い物や数の少ない物には糸目をつけず高値で売り買いされている。)
出品者は矢沢ファンでも無く、まさかそんなに高値になるとは思っていない様子だった。(私は数年前、とある元ファンから同じ指輪を頂き所有しているが、まさか20000円もするとはビックリ!だからと言って売りませんし返せと言っても返しませんが・・・ちょっと自慢)
どなたか押入れの中に永ちゃん関連の物が眠っていたら、ご一報下さい!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社長のひとりごと
2006年04月27日

新潟県中小企業家同友会・第25回定時総会

4月26日(水)

新潟県中小企業家同友会の第25回定時総会が弥彦の「みのや」で行われた。

今年の例会は燕支部にて段取りをし、出席会員全員でホスト役を務めた。

何ヶ月も前から打ち合わせや準備に取り掛かり、何かを催す事の大変さや苦労を初めから感じされられた。

様子を知っている先輩方が全てを行えば順調に進む事も、
「若い者の成長の為」
と負担の多い大役まで厳しいようだが与えてくれる。

かと言って与えっぱなしでは無く、最後まで心配な顔など一切見せずに失敗を次への糧とし、成功を努力の証と褒めてくれる先輩達。

会場で参加者をお迎えする際でも、50歳〜上は80歳代の先輩達が燕支部の意識と志の高さを示す為にも、拍手と大きな声で元気に
「いらっしゃいませ!ご苦労様です!」
とお迎えしている姿に、肩書きや経歴・社会的地位等関係なく一人の人間としてゲストをお迎えする姿と思いに大いに刺激され、若い物達は各担当を精一杯やり遂げる事が出来た。

私は懇親パーティーの司会を担当し、経験の無さから辞退も考えたが
「折角指名してくれるんだし、誰でも初めてがあるのだから、先輩達にお世話になりながらもやってみよう!」
と決意し、事前に用意されていた司会用シナリオがあるにも関わらず、初めての体験に緊張しながらの一日となった。

信用と結束の高さから「総会」は何事も無く進行し、「記念講演」は潟Vゲル工業の藤田 茂社長より「燕発 真のものづくり(刃物)で、オンリーワンから世界のナンバーワンへ」というタイトルで講演をしていただいた。

飾りの無い燕弁で話しながらも、自分の作る商品には絶対の自信を持っており、絶えず探求していき決して諦めない強い思いが感じられる。何事も一朝一夕にはならない事を解りやすく話していただいた。(製造業以外の業種の方でも興味津々に聞いておられた)

記念講演後は3つの部屋に分かれ、各報告者の報告を聞き、その後いくつかのグループに分かれ意見し合う、同友会らしさの一つでもある分科会を行った。

その後、懇親パーティーが行われた。
総会・記念講演・分科会と全てが厳粛かつスムーズに執り行われ、それぞれの担当者の力量をプレッシャーに感じる私をよそに、続々と会場に集まり始める社長達!
大勢の社長の前で挨拶をするわけではなく、セリフを読むだけだから楽ではあるが、ご紹介やご案内の度に目と耳が集中する恐怖に脅えながら、懇親パーティーは「吉田繁盛太鼓・龍神会」の太鼓の響きと共に開演した。

いくつかのアナウンスを何とかこなし、「乾杯」の合図と共に会場は一気に和やかになった。
「相田さん、ご苦労様!まあ一杯!」
「もう大丈夫だよ!少し飲みな!」
近くで緊張を感じながら様子を見ていてくれた事務局Iさん・燕支部Yさん・長老コンビIさん・Yさんに労を労ってもらいながら
「まだ終わった訳じゃないですし、ほんの少しだけ」
といいつつも、テーブルに集まる会員さんたちとすっかり同化してビールを注ぎあって飲み、いつのまにか最初の緊張はビールの泡と共に消えていた!

短い?(拘束時間と内容・参加地区エリアを考えれば当然なのだが)懇親パーティーも最後には社長の威厳等どこにも無くなってしまった空気の中、幾人ものマイクパフォーマンスで無事に終了し、私の大役もとりあえず終了となった!

宿泊と帰る会員さんの50人程で2次会を行い、既に酔っ払っていることと気心知れた人たちと言う事で、2次会会場は最初っから懇親パーティーでの太鼓より大きな音を立てて盛り上がっていた。

3次会?(ホテルの外に向かうとのこと)
さすがに気疲れ?長い一日?気力・体力十分な先輩達には着いて行けず、代行で帰る事にしました。

3次会に向かう方たちを玄関先でお見送りしながら代行を待つ。
「いやーSちゃん!本当に良かったね!良くやったよ!大成功!」
「何言ってんだて!Yさんたちのおかげらて!ありがとね!」
お互いを認め合い解り合った2人は肩を抱き合い、互いの肩をたたきあい暗闇に消えていった。(私の目には2人にピンスポットが当てられているかのように見えた!まさしくドラマ!)

年齢は5歳の差があり(Yさんが上Sさんが下・言葉は同等)職種も違う2人が、おそらく同友会が取り持った縁だと思うが、長い年月の中で互いを理解し尊重しあい、対等に付き合っている仲間という姿に憧れと希望を抱いた。

やっぱり!心は無限!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:05 | Comment(4) | TrackBack(1) | 社長のひとりごと
2006年04月26日

期待・偶然

4月25日(火)

各店を回った後、新潟まで用足しに行ってきた。
時間があったので街中に入り込むと某デパートに
「男の大祭典」とのぼりが下がっている。

「おっ!なんか掘り出し物あるかな?ちょっと行ってみるか?」
「そういえばチラシに出ていたよ!ゴルフとかもあるらしいよ!」

期待を胸にエレベーターで上がり足早に会場に入る。
「男の大祭典」初日とはいえ平日でもありお客さんはまばら。
スーツコーナーを横切りカジュアル・ゴルフの方に行ってみる。

確かに全てが男性物でゴルフ用品も数点展示してあったが、私が欲しい物は一つも見つからなかった。
一つだけニットのセーターを普段着にいいかな?と思い手にすると
「2万8千円」
何も見なかった事にして即座に棚に手を離す。
会場内の60過ぎ位の見るからにお金持ちそうな老紳士たちは、何のためらいも無いように複数をレジに持ち込んでいた。(年齢と予算によっては間違いなく「男の大祭典」のようだ)

折角だからとエスカレーターで各階を降りたが何も買う物もなく1階に到着!
「駐車代もあるし、地下で何か買っていく?」
一周りして戻った女房の買い物カゴには、酢2本・鮭の切り身のみ!

「ホント俺らってデパートで買い物しないね!(出来ない?)」

帰り道のバイパスに上がるとすぐに女房の携帯が鳴る
「うん!バイパス!そう!今上がった!えっ?うっそー!」
「お父さん!前の前の白い車、○○だって!今電話くれたよ!」

スイスイと前の車を交わして白い車の後ろに着く、気づいたのか前の車の運転者は顔を前に向けたまま手を振っている。
すかさず私達も手を振り返す。

「こんなに広い新潟で、こんなに多くの車が走っているのに、すごい偶然だね!」
「何万分の1の確立だね」
「おっ!○○はそのまま行くようだね!」(私は高速へ向かった)

「男の大祭典」は私の期待を裏切ったが、帰り道でこんな偶然を経験できたことは、ある意味で「男の大祭典」に寄ってきたからだと都合よく解釈し感謝した。

補足
偶然の○○は我が社のスタッフでした!(本日休日)
鮭の切り身は夕食には出ませんでした!(明日かな?鮭は4切れ我が家は5人!私は明日の夜はいない!)
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月25日

旧友(先輩)

4月24日(月)

「お父さん、今夜は家にいるの?」
カレンダーは今日も明日も夜は何も書いてない。
「うん、今夜も?いるよー!と思うよ!」

仕事・会での集まり・友人との野球(飲み会)・会社のバレー等々と事前に予定の入っている以外で出かけることはほとんど無いのだが、夕方鳴った電話で急遽出かけることにした!

幼い頃から色々な「ませた遊び」を無理やり?教え込んでくれた先輩の家に2年振り位に遊びに行ってきた。

先輩と奥さんは十代の青春時代に知り合い、その後先輩と共に私達に青春の終わりを教え、更正の道しるべになってくれた人でもある。

近くに住んでいながら、いつでも遊びにおいで!と言われていても仕事や環境の違いからか、気が付けば何年ぶりにお邪魔し、最初の一言二言がよそよそしいだけで、すぐに昔のままの付き合いと会話で盛り上がる事ができる。

1・2時間程お邪魔するつもりが気がつけば、4時間も経過していた。

仕事・家庭・世間・人間と様々なテーマから意見が飛び交い、目の前の成長した夫妻から確認と学びを得ていた。

私の周りには多くの先輩が存在するが、私にとって今夜の先輩夫妻は他には無いたった1組の特別な先輩なんだなーとしみじみと帰りの車で感じた。
(あの時代からの先輩で、会う頻度は低くなりはしたが未だに付き合いがある仲間関係)

帰り際に約束した「今度は外で飲みながら」が実行できる事を願い、気持ちの良いビールを飲み干した!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月24日

Apple ipod

4月23日(日)

正確には何と呼ぶ物かわからないが、音楽を聴く機械(昔のウークマン)が壊れたから、誕生日(8月)・お手伝い・自費を含めて新しいのを買ってくれと数日前に長男に相談されており、今日を約束したので家族総出で家電屋を数件回った。

機種と色・ケース・充電器と既に欲しいものは決まっていて揃う店であればどこでも良かったので、近くから向かったのだが、色が無い・ケースが無い・全て無い!
と結局は燕三条まで行き、問い掛けた店員さんは当たり前のように全ての物を用意してくれた。

ネットでダウンロードしたり手持ちのCDから曲を入れたりするのだが、そのためにはパソコンが必要であり、1年前に入学祝いで同機能商品を頂いた時にその作業を手伝わされた私は
「今回は何が何でも一人でやってくれ!今回は一切、手伝わないよ!」
「大丈夫!一人で全部出来る!駄目でも仲間が同じの持ってるから電話して聞く」
その言葉を信じて帰宅するや長男は早速部屋からCDを抱えてきて、パソコンの前で作業を開始した。

1時間以上たっても静かな事から、どうやら今回は大丈夫みたいだな!
安心した事と久しぶりの我が家での晩酌の美味さに、普段は1本しか飲まないビールを2本飲み終えた頃
「お父さん!何度やってもわからん!ごめん見て!」
おいおいそれじゃ約束が違うだろ!友達には聞いたのか?等と思いながらも様子を伺っていると
「仲間が言うには、凄く簡単なんだと、だからその簡単が出来なくて聞くのも恥ずかしい」
みたいな事を語りだした、しからば、その簡単とは友人一人の簡単なのか家庭内での簡単なのか見極める必要がありそうだ・・・とそこまで審議することなく
「じゃあ私が見てこようか?」
女房の信憑性のかけらも無い一言で全てが解決し、私はパソコンに向かった。

どんな電化製品であろうが、こんな事までいちいち書く?という位細かく必要の無いことまで羅列してある説明書が当たり前の時代に、目の前「ipod」とやらは、これが説明書?という位薄い書式にチョコチョコと説明書きがされていた。

不安ながらも進めていくと答えはすぐに見つかった!
そもそもパソコンを利用して曲を入れ込むため、本体には再生機能しかついておらず、ほとんどの操作はパソコン上で行い説明に関してはメーカーCDをインストールし、その後メーカーからダウンロードするソフトに説明を含めた全てが入っていた。

問題が解決すると同時に、1枚目のCDをパソコンに入れると選曲した音楽はほとんど勝手に本体に入り込んでいった。
「あーこれが、お前の友達が言う、凄く簡単なんだな?明日学校に行ったら、とにかく凄く簡単だったと言え!」

要領を得た長男は、その後パッパッと何枚ものCDを入れ替えては本体に入れ込んでいた。
「ところでそれは何曲入るの?」
「500曲位かな?これより上は15000曲もあるよ!」

進化とは恐ろしいもので、つい数年前にMDウークマンにびっくりしていたかと思えば、こんなに小さな本体に500曲も入るのか?高いのは15000曲?ある意味内容を考えたら安い商品だね!携帯電話と一緒だ!

そう思っている私のそばで
「こんなに小さいのに、2万円もするなんて高いね!」
男と女の違いなのか、はたまた我が家の女房だからなのか
野菜・車・家などと同じ感覚で大小を価格と比較しているようだ。
(きっと雀に聞かれても「大きなつづら」を選ぶだろう)

早速、全員で視聴しながら
「いいねー!音も綺麗だね!操作も簡単そうだ!」
ご満悦の長男のそばから
「新ちゃん(長男)じゃあ壊れた前の僕に頂戴」
期待通りの言葉に私と長男は目を合わせて笑った!

壊れて使えない品物(特に私達や長男の物)は決まって次男は欲しがり、使えなくても形を有する事に満足を覚え、中身が入っていた容器や包装紙などの明らかにゴミ箱に入る物を3男は欲しがり、新しいおもちゃへと変身していく。

兄弟を知らない私にとって、3人のやり取りはいつも新鮮であり、驚きと戸惑いを与えてくれる。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月23日

ひとり新潟(電車にて)

4月22日(土)

午前中から3男の通う保育園の役員会が新年度初めて行われた。
子供が小さい事もあり、親の年齢も幾分若く、ましてや成長に対して望むレベルが違う事もあり、議事の進行はとにかく子供達が楽しいようにと、関わる親も出来る限りは強力する姿勢で終始執り行われた。

小学校と比べれば、行事の内容も簡単であり当然なのだろうが、役員協力参加の依頼でも皆が積極的であり、楽しい1年を過ごせる予感がした。

最初にコーヒーをいただき、その後はお茶とお饅頭が出てきた事も、今後の楽しみの要因でもある・・・

夕方には新潟の知人から誘われた、とある会合?食事会?に参加するため、何年ぶりかに越後線で新潟まで向かった。
「大丈夫?ちゃんと切符買えるの?待ち合わせ場所解るの?」
高校生の長男を送り出すより心配をしてくれる女房に駅前まで送ってもらい、気分はまるで「はじめてのおつかい」!

難なく自動販売機で切符を買い、改札を通る前に頭上の時刻表を確認する。
新潟行き17:36  2番線
「えっ?2番線?新潟行きは1番線じゃないの?」
多少の戸惑いを感じながらも、時間に合わせ改札を通る人たちに足並みを合わせる、間違いなく新潟行きは2番線に泊まっていた。いつからなのか新潟行きに2番線もあることを始めて知った。

20年程前に比べると、乗り心地が悪くなったかな?とやたらと揺れる電車に年月の経過を感じながら、当時には無かった駅を幾つか通り、無事に新潟駅に着いた。

3時間ほど飲み食いと難しい話を聞き、地元で過ごす時間や内容の差を確認しながらも収穫も多く、たまにはこんな時間や集まりもいいかな?と感じながら帰りの電車に乗り込んだ。

何両かある電車にはボックス席と2人掛けの横シートとがあり、ほとんどの人が一人で何らかのシートを独占するかのように座っている。
たまたま空いていた2人様の横シートを見つけ座る。
なにやら周囲の視線を感じ、何?何?何?と自分を確認してみる。

誰に聞くわけにも行かないので憶測ではあるが、土曜日の9時半頃に普段着で一人顔を赤くした酔っ払いは、私の視線には一人も見つからず。
気づかないうちに酔っ払いの風貌と酒臭さが、皆の視線だったのかな?と感じ、少し恥ずかしい思いで、見たくも無い携帯をいじったり、頂いた名刺や資料を今更ながら見返して吉田に帰ってきた。

5分程歩いて自宅に戻り、小腹が空いていたがあと少しを歩いてコンビニに行く気にもなれず、キッチンを捜索してカップ麺と残りご飯で腹を満たした。
たまの「ブラリ旅」気分もいいが、やはり普段から車生活の私にとっては、いかに車が便利であり車が必要な環境なんだと改めて思った。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月22日

長い1日!濃い1日!

4月21道(金)

吉田店の店舗改装の手直しがあり、営業時間前に店の鍵を開けに行く。
世間での通勤ラッシュの時間帯でもあり、通常の信号時間では交通が緩和されず店の手前300m位から数珠繋ぎ状態!

目指す店は見えるのだが状況ゆえに仕方ない!テレビを見ながら進むのを待つ間、テレビの音に混じって
「ご通行の皆様、おはようございます!」
「燕市市長立候補の○○でございます!」

あさっての市長選を控え、朝早くから街頭演説の声が聞こえる!
声の方向と目的地の店が同じ方角で、
「誰かな?」
と思いながら目を先にやると
「えっ!何?もしかして家の店?」

何度見返しても渋滞の先にある吉田店の店先に街宣車が止まっている。
幾度も信号が変わりながら近づいていくと、間違いなく店の前に街宣車が止まっている。

後先考えずの行動とは、正しくこの事で止めている街宣車にいき
「誰の許可で、ここに居るんですか?何で家の店先なんですか?」

「お断りしようと思ったののですが、お店に誰もおらず・・・」
「すみませんでした、早急に立ち退きます」

帰ってくる返事に対し、
「とにかく早くここを出てください!市長に立候補する人を応援する立場のあなた達なんですから、もう少し常識をわきまえてください」
多少の感情を込めた言葉を返し、その場を立ち去ってもらった。

数分後、街宣車に乗り合わせていた代表?と思われる女性の方が店にやってきて、事実に対してとにかく平謝り。
「誤っていただきたいわけでは無く、常識を逸脱した行為がやるせなく、その費やした時間が店にとっての信用問題にもなりかねないんです」

やり取りが幾度か行われ、私も落ち着きを取り戻した頃
「私の携帯もこの店で買ったんですよ!そんなこともあってつい・・・」

状況とは裏腹に、最後の殺し文句が言葉になって出てきた。

我に返るより先に
「あっ!ありがとうございます」
言葉を言い終える前に頭の中では
「だから!わきまえてほしかった!」
ひたすらそれだけが何度も反復していた。

間違いを間違いと正していながら、時として立場が間違いを差し置き逆転してしまう典型だった。
その後の1日は言うまでも無く、何かが引っかかった1日を引きずる事になってしまった。
言って良かったのか?言わずが良かったのか?・・・

しこりを残したままではあるが、夜には商工会青年部の懇親会にOBとして初めて出席する予定もあり、久しぶりに青年部の会員さんたちと会えることを楽しみに出席!

例年より少なく感じる出席者の中で、いつも通りの時間を過ごし、先輩OBに誘われ2次会に参加!

色々な話が飛び交いながらも、話は商工会の話が中心となり、時期商工会会長は???????のテーマに延々と意見が飛び交った!
商工会会長の人選の難しさや、歴史の重さを教えられながらも、話は今夜の懇親会の出席者(来賓)の話に急に変わり
「何で今日は金融団は来ないの?」
(例年では来賓に町内の金融団は全て参加してもらっている)
色々な事情を含めた会話がされたが、何か違う!
「毎回毎回、懇親会の度にコンパニオンなんか呼ぶから、金融団にしてみれば目的違いと判断されてこないんじゃないですか?コンパを呼ぶなとは言いませんが、時間を分けるなり本来の互いの目的を遂行してからの方がいいんじゃないですか?そんな慣例は断ち切った方がいい!」

朝から引っかかっていた矛盾がここまで尾を引いたのか、我慢できずに一番の若輩者の私は意見を発言した。
「それが伝統!」
などと幾多の会話が出てはきたが、みんな実態を理解しているらしく、今の時代や今の若者達?に昔がそのまま通用する訳ではないと言うことを感じてくれていたようだ!

酒の量と時間が互いの本音をさらけ出し、一触即発の状況も見られたが、たとえOBとはいえ過去の全てが正しいわけでもなく、正しい道ならば変えていくべきと素直に感じあうことが出来たことで、朝からのモヤモヤがやっと晴れたような気がした。

市長選挙・商工会会長人事などと、私には難しい話が多い2次会ではあったが、それぞれの先輩方を見て聞いて感じるには、とても解りやすい時間でもあった!
見栄や自信も重要ではあるが、自分自身を分析すると共に、時には自分らしさをさらけ出す事が重要かつ解りやすさかな?と思った。

お世話になりました、Sさん初めYさん・KさんYさん(途中でラーメンを食べに行き、それっきり戻らなかったAさん・Kくん)何も知らない私にはとても長い2時間目の授業でしたが、とても勉強になりました!
「誰にでも解る!吉田商工会の歴史と実態!」

体はアルコールに犯され、睡魔が手招きしている状況であっても、感じた心のほうが勝るのは、まだ若い証拠かな?まだまだ若さを保ちながら一つ一つ過去も含め現実が見えてくる日々が楽しくてたまらない。

連日連夜の夜間授業ではあるが、それぞれの内容と立場を理解してくれる女房と息子達に感謝!
明日、もう一晩お願いします!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月21日

吉田異業種交流会「総会」

4月20日(木)

吉田異業種交流会の総会が行われた。

業種の違う人たちが集う会ではあるが、人として集まった縁が時間と共に成長していることに、己の成長を促してくれる先輩方に感謝しながら、今後を担う若手として大いに刺激を受けている。

体と思考はボロボロなのだが、心が気持ちよく喜びや感謝を訴えたく、目の焦点が合わないながらも、今夜も心の飲酒ブログ!

詳しい詳細は心にしまい、今夜の有意義な必然に感謝しています。

異業種の会員の皆様!若輩者ではありますが、今後ともご指導を宜しくお願いいたします。

生きる事の楽しさと重要性を冗談と共に教えてくれるY社長を筆頭にM社長婦人・S先輩・若手頭Mさん、色々な人との交わりに多くの学びを受けています。

皆さん!これからも宜しく!

永チャン風にいえば
「ヨロシク!」
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:07 | Comment(1) | TrackBack(1) | 社長のひとりごと
2006年04月20日

次男(ライブデビュー)

4月19日(水)

せわしなく過ぎる新年度を向かえ、書き込みが追いつかない状況の中、一度きめたことは貫きたい思いだけ、今夜も飲酒ブログ!

長男の影響で次男がラップを好きになり、今夜、次男の始めてのライブデビューに保護者として引率してきました。

「HOME MAID 家族」のライブで私は歌もわからず、ライブ会場では浮きすぎた最年長夫婦だったと思う。

最初はライブの乗りも解らず、消極的にしていた次男も、会場の盛り上がりに影響され、最後は彼なりにライブを満喫していたようで、付き合って良かったと思える時間だった!

本来であれば長男のチケットも用意してしたのだが、思春期なのか家族でライブは嫌!と言われ寂しいおもいをしながらだった。

なんにせよ次男のライブデビューは、本人にとって一生忘れる事のない経験だと思うし、それに関わった事が世代を超えてライブに参加した事の目的だったと実感している。

また、機会があったら一緒に行こう!
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月19日

リニューアルオープン(吉田店)

4月18日(火)

1年で1番忙しい3月もおかげさまで大忙しに終わり、スタッフと感謝と共に振り返って反省をした。

4店舗の内、1番集客が多く稼働率が高い吉田店は開店当初から問題視されていた店内の広さが1番のネックであり、ご来店のお客様(特に土・日・祝)に大変ご迷惑をおかけしていた。

かといって建て替えが出来るわけも無く、試行錯誤での数年間を過ごしてきたのだが、発想の転換で思い切って私達が占拠していた事務所部分を店舗に拡張する事に決意し、いよいよ壁のぶち壊し工事が明日から始まる。

居場所を無くした私達は、自分の机と私物を県央店に持ち込み、従来とは違った環境で、再出発となる。
今まで当たり前の様にいた存在が居なくなり寂しがっている?「吉田店店長・スタッフ」、新たな存在を歓迎してくれている?「県央店店長・スタッフ」真意はまだまだ解らないが、お互いに新しい環境で今まで以上に頑張りましょう!

ということで、19日・20日と吉田店を改装し21日には広く快適な店舗でリニューアルオープンしお客様をお迎えできることとなります。
お店の内装だけでなく、店長初めスタッフも新規一転、初心に戻って皆様をお待ちいたしておりますので、是非ご来店をお待ちいたしております。

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月17日

キーワード「桜・ピンク」

4月17日(月)

肌寒さはあるものの昨日より天気も良くなり、車に乗っている分には快適な週初め!

何気ない、いつもの道を走るだけでも目に入ってくる景色が違う!

ついこの前までの真っ白の雪景色から、若葉が芽吹き新緑に変わり、季節も気持ちも晴れやかな時期にタイミングよく、ピンクが咲き始め、本当の四季の素晴らしさや有難さを満喫できるこのごろ。

「おっ、ここのは綺麗だね!」
「あそこは、あと何日で見ごろだね!」
「こんなところでお花見したいね!」
「家も、の木を植えようか?」

毎年の事ではあるが同じ会話を交わしながらも、とても気持ちよくを眺めながらのドライブをしている。(店を回る途中の事です)

子供の頃は「ピンク」は女の色であって、男は好きじゃないし身に付ける事もありえない!と思っていた。かといって女房も女だからとやたらとピンクが好きでも身に付ける訳でもなかった。

物心ついて30数年の間に、毎年咲くに喜びや高鳴りを感じ、一瞬で散ってしまう寂しさと空しさを感じているうちに、気が付けば40歳に近づく頃から身近にピンクが増え出した。

カラーセラピスト?と言うのだろうか?なにやら人は成長の過程や環境等で、色が大きく関わっているんだな!とふと思う。(数年前は上から下まで黒ずくめ!やっぱり心理状況に大きなかかわりがある)

咲き乱れるの淡いピンクに、何かを感じ何かを求めている証拠なのかな?
年甲斐も無く?、私と女房はピンクの服が増え、ピンクのハートグッツを見つけると買わずにいられない女房!(そのうち、林家パー・パー子と呼ばれそう?)

周りは不快感を感じるのかもしれないが、我が家には一年中「」を見た時の感動とピンクが伝える感情があり続けていたらいいな・・・
(ちなみに我が家の玄関マットはピンクのハート!初めて見た人は玄関から引いてます!)

の事だけ考えピンクの色だけイメージしていると、精神的に落ち着き穏やかな気持ちのなれるのは私だけ?

もしかしたらこれは犯罪心理に一役買うかな?
そうだ、警察のピンクにしてみれば・・・

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

観桜会・「お花見」(自治会編)

4月16日(日)

自治会内にある通称3角公園にて、自治会での「お花見」が行われた。
(名前の通り、3角形の公園で、話によると平成2年の「緑の日」が制定された年に記念樹として3本の桜の木を植えたそうだ。私にしてみれば、自治会の歴史と共に育ったのでは?と思える大きさと風格があり、17年でこんなになるとは思いもしなかった。その話と共に桜の木の寿命の話も聞き、さすがに年長者は詳しいと思った。今思えば3本の桜は3角とかけて3本なのかな?今度聞いてみよう)

「お花見」は今年初めて開催される行事であり、役員でもある私は昨夜の爆睡のおかげで体力も回復し、空を気にしながらも準備の為に会館へと向かった。

いつ振り出しておかしくない空模様の中、
「どうするね?公園でするかね?それとも会館でするかね?」
雨天の場合は中止ではなく、会館で行うと案内をだしており、どちらともいえない天気ではあったが
「折角の花見ですから、振っていないのだから桜のある所でしましょう!」

役員の意見が一致し早速準備に取り掛かった。

1ヶ月程前に計画が発表され季節の行事として代表的な行事でもあり、年度初めの自治会親睦を深めるにはうってつけの行事と思い、桜のつぼみの脹らみを数日前から気にかけていた。(3男の保育園が隣にあるので、行き帰りの時に立ち寄っては、桜博士のように観察していた)

木曜日には7〜8分咲きとなり、大雨や大風の影響も無く今日が最高の満開となってのお花見を迎えることができた。

が、外での行事に1番重要な「お天気」がいまいち!昼間なのに夕方のように暗く、4月の半ばというのにとても寒い!
事前に案内をしていた行事とはいえ、これでは参加が危ぶまれるかな?と思いながらも設営部隊と豚汁部隊は公園での準備を開始した。

「大正琴」をたしなむ熟年女性が、お花見をより一層の雰囲気を出すために借り出され、練習を聞きながら
「こういうのもいいもんだなー!」
と一人でも多くの参加を願いながら聞き込んでいた。

11時開始の案内を出してはいたのだが、実際に集まったのは10人ほどで
「この天気じゃ、しょうがないね!はじめますか?」
ギャラリーの少ない中、「大正琴」の演奏者達は「さくら・さくら」を爪弾き始めた。

その後、琴の音色に誘われたかのように、ポツポツと参加者も増え、30分後には30人ほどになっていた。

誰もが期待し待ち望んでいた子供会(子供連れ)の参加は1組だけで、
「寒いから行かない!」
という理由で親だけの参加や、その他の理由で期待外れとなってしまった。

女房いわく
「お弁当を各自で持ってくるのが、日曜日に面倒くさいとか、世間の弁当との比較を気にして作りたくない親も多いんじゃない!お天気もこんなだと、風邪でもひいて学校に行けないと困るし・・・」
言われてみれば主婦の本音かもしれないと聞き入れ、
「そうだよな、ましてや初めての行事だし・・・それでも今日の初めてが次へのステップになるから、やって良かったと思うよ!お前も弁当作りは大変だっただろうけど・・・」

若いお母さんのお弁当はどこにも無い中、年配者たち思いの込められた、「お赤飯・桜餅・あさずき・トンカツ・その他」をおすそ分けでいただき、
「こういう時代だから、尚更に他人の家のおかずを分け合ったりする事も重要だよな!やっぱり来年も弁当は持ち寄りがいいよ!」

時間の無い中で早起きをして作った、チラシ寿司や最近作り始めたぬか漬けを近所の人に「美味しい!上手だね!」とほめられた女房も、何かを感じてくれているようだった。

和気藹々と花見が開始され、前副会長のKさんが途中参加され
「なんだー!酒が無いねっか!酒なきゃ駄目らこて!」(ビールのみ)
飲み物を会館から運んだのは私で、
「まさか冷で飲まないだろうし公園ではお燗も出来ないし、あったけど持ってこなかった(俺、日本酒を飲まないし)」
そう言うと、一目散にKさんは会館に日本酒を取りにいった。

「なんだか解らんけど、一番いい酒持って来たぞー!さあー飲めー!」
手には「雪中梅」が握られたいた。
(Kさんは1滴もアルコールを口にしない!が、酔っ払いのようにテンションは高い!)

配られたビールを口にしていた参加者は、多くがその手を紙コップの冷酒に切り替え、見る見る内に酔いしれていった。
たとえ自分は飲めなくても、15年に渡って副会長を務めてきたKさんは、町内の人たちの性格や好みを把握しており瞬時に見極めるだけの感性を持ち合わせていることに改めて関心させられた。
日本酒という物理だけでは無く、Kさんの登場が一気に周りを和らげ打ち解けさせるという真実が何よりも、私にとって今後の大きな課題となった。

見下げる程に小さな体のKさんではあるが、人徳・人望ははるか高いところに存在するKさんでした。(その後、Kさんは足早に「選挙」の応援に戻っていった)

2時間程のお花見も、温かい豚汁で体を温めようとも冷え切る体と、酒量に応じての尿意(公園にはトイレが無い)を感じる頃ポツリポツリと雨が降り出し、号令のように開き撤収となった。

皆の素早い協力で、ずぶ濡れになることなく撤収は終わり、会館にて全てを片付け一息入れていると
「豚汁がこんなに余ったんだけど、もったいないから誰かもらっていって!」
大きな鍋に1/3程の豚汁

「家は○○だからいらない・入れ物が無いからいい・自転車だから持っていけない」
よれぞれの、要らない理由を聞き終えると、あとは私とWさんしか残っていない。

「しのぶちゃん、家としのぶちゃん家で持っていこう」(それも役員の役務と思ってさ)
私には要らない理由も無かったので、素直にWさんと世帯人数割で分けて持ち帰った。

大きな鍋を抱えて帰った私に、事情を聞く女房と子供たち
「いやー良かったて!お寿司も残っているし、この豚汁があれば今夜は何もしなくていい!」
「えっ?い・いいけど、具はそんなに入ってないよ!豚汁じゃなくて汁汁だよ!」
私の説明もそこそこに、我が家の夕食はお花見と同じメニューに決まった瞬間だった!

どんなに小さな行事でも関わる事に意義があり、その中から幾つもの発見や今後を良くしていく内容がある、私一人ではとうてい請け負える任務ではないが、Wさんと一緒なら面倒の多い事も乗り越えていけるかな?と思い。今までお世話になり、今後もお世話になり続ける自治会に私なりに協力していこうと思った。

来年の「お花見」は今年以上に盛り上がる事を期待と約束をして、子供会の参加も増やすと共に「じいちゃん・ばあちゃん」たちにも長生きをしてもらわなくてはいけない。

次は来月の「バス旅行」!

posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
2006年04月16日

空白の3日間

4月13日(木)
4月14日(金)
4月15日(土)

「今、戻りました!」

旅行でも出張でも病気やPCの故障でも無く、書き込みを3日間も更新しなかった。
多忙というほどではないのだが、早起きをしての用事が重なり、夜は夜で連夜の飲み会が続き書き込みができなかった。
(早起きの理由の中にはゴルフも含まれていて、飲み会だって自発的に飲んでいた夜もあった)

毎日に新しい出会いと感動があり、酒で締めくくるのだから内容の濃い数日間であり、いつものように思いを忠実に書きたかったのだが、体力と精神が伴わずまとめ書きになってしまった。

13日、偶然お会いしたG先生との会話から始まり、14日、S夫妻・南地区協議会総会・自治会役員飲み会、15日、Tさん主催ゴルフコンペでのF社長を始めMさんSさんKさん・・・楽しい?ゴルフのおかげでスコアは大変でしたね!夜の慰労会では思いがけず重鎮先輩方のコンペ表彰式と店が同じで、1日を共に過ごした仲間達と慰労の酒を交わしながらも、隣の宴会場に見慣れた先輩方を見つけると、
「何のコンペ?スコアは?1位は誰?」
とレポーターのように聞きまわり先々で日本酒を飲まされて、数日の疲れと酒量がピークに達していた。

グリコのおまけではないが、メインの楽しさにおまけの喜びまでプラスされた1日でした。

恒例の2次会に全員で歩いて向かったものの、店につくなりウトウトと寝てしまい、
「相田さん、車呼んだから帰ろうよ!」
起こされた私は、1言も話さず1滴も飲まず、私の2次会は終了した。

2次会を後にする時に
「お金払いますよ」
といったのだが、事実を知る皆は誰も受けってくれず、手配したタクシーの代金さえも既に支払ってあるとの事で運転手さんは受け取らなかった。
(何から何まですみませんでした。また誘ってください)

早い切り上げ?だった事と、酔いも最高・体力も限界だった事も重なり、午後10時にはベットに入り、朝8時まで1度も起きることなく寝ていた。
10時間も眠っているなんて何年ぶり?

目を覚ますとおかげで元気モリモリに回復していた。

とても充実した内容の濃い3日間でした。
みなさん、ありがとうございました。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと

結果報告☆

昨日の夜中11時に本部道場を出発し、途中パーキングで仮眠をとって今朝8時に大会会場に着きました。
うちのお子ちゃん達は2人共初級に出場しました。
5年生の娘は、残念ながら1回戦敗退でしたが、3年生の末の娘は頑張りまして、優勝致しましたV(^-^)V
今は、帰りのバスの中です。家に着くのは、夜中ですね。
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西川店店長
2006年04月15日

出発V(^-^)V

明日は、極真の全日本女子の大会がある為たった今バスで出発しました(^o^)/
下2人が出場で長男は応援部隊です。
新学年で初めての大会で、真ん中の娘は緊張気味です。
女の子だけの中1人男子が混じり長男はひきつっています。明日、大会の結果が出ましたら、報告ブログしますね。いい結果がかけたらいいですけど…(*‘‐^)-☆
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西川店店長
2006年04月13日

初練習(>_<)

本年度初のソフトバレーの練習が今日から始まりました。仕事が終わり、吉田店に顔を出し、体育館へ…
着いて見るとびっくりするくらいの車が停まっていて、体育館は真っ暗…(屮゜Д゜)屮
先に来ていた、○村ちゃんと2人で鍵を借りに行き練習を始めたけど一向に誰も来ない(T_T)
2人では練習にならないねっと寂しく体育館を後にしました。連絡事項です!来週は体育館が使えないので、練習はありません。再来週からほんとの初練習しましょうね(^_^)v
私は軽いトス練習でゼイゼイしてました(ToT)情けナイ…体力つけないと。やばいです☆
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西川店店長

お留守番

4月12日(水)

次男の卒業式が切欠で、近所のお母さんチームで飲み会を開く事になり、女房は厚めの化粧と多額の小遣い?を持って、お母さん時間に出かけて行った。
最初予定を聞いた時に、
「その日は何も用事が無いから気兼ねなしに行っておいで!ところで何時頃出かけるの?」
「みんな子供の事や家の事を終えてからだから9時頃に出かける」
(だから帰りは当然遅いよ!とは絶対に口にしなかった)
お父さんにはありえない開始時間に納得と敬意を払った。

吉田店の店内改装を控えバックヤードや事務所のレイアウト変更を行っており、いつもに無くハードな時間を過ごし、疲れた体で夕食の準備をしている女房。

6時半過ぎに携帯が鳴り
「突然すみません!今夜PTAの新役員と運営委員会の会議があるのですが連絡を忘れてました。急ですが来れますか?」
いきなりの緊急収集!

「8時半頃には必ず戻る」
と約束をし、急いで小学校に向かう。
願いが通じたのか8時半には会議も終了し、家に帰ると女房は既に支度を終えていた。

直に迎えの友人がきたようで
「うん!解った!今出て行く!」

「じゃあお願いね!早めに帰ってくるね!」

とりあえず近くで飲んで景気つけてから、カラオケに行こう!
と携帯での事前打ち合わせの会話を盗み聞きしていたので、早くの帰宅はありえないだろう・・・(ましてや、あの飲んべい集団である)

しかし、昔の人がどうかは別として、たまには女房だって旦那の知らない羽を伸ばす事も必要だろうし、日々の罪滅ぼしも兼ねている。
(かといって、私は私用ではほとんど外出はせず、社用・子用・雑用ばかりなので女房が知らない羽は未だに閉ざしたままである、今後も開く事は無い予定)

今ごろは年甲斐も無く、若い子たちが歌う歌を無理して歌っているに違いない!
もう少し時間がたてば、レパートリーも無くなり「松田聖子・ピンクレディー・竹内まりあ」等の年相応の歌に変わる事だろう!

明日の報告では、とにかく
「楽しかったよ!ありがとう!また行ってきていい?」
その言葉だけを期待して、何事も無く終わる今夜の留守番を終えることとする。
(今夜は女房の分も含めて、晩酌の缶ビール2本飲みました!)
posted by 新潟・携帯電話・激安・一期一会のピーズ at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社長のひとりごと
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。